<< 晴れ 曇り >>

晴れ

日曜は散髪、月曜は仕事、火曜に振休をもらったので、年賀状を書き上げて、残り時間で
県立図書館へ行ってまいりました。
以前来たのは学生時代だったけど…いつから図書カードでその場で借りれるように
なったの!?(驚愕)
(前は最寄の市立図書館から貸し出し申し込みをしないといけなかったのよ)
年の瀬でやることが多くて読む暇などないってのは分かってるのですが、
誘惑に勝てずとりあえず5冊ほど借りてみました。頑張れワタシ!
ところで、年末恒例の大掃除を我が家でもやっておるわけですが、
今年も200冊ほど趣味が変わったりしてもう読まなくなった漫画をアデュー致しました。
(ここ数年めっきりマンガ購入冊数は減ってたんですが(ホモ本を除いてな!)
フローは少なくてもストックが大きいのよ…。長年いらんことに金つこてるなあ…)

…年々シリアスで真面目なモノが去っていってお笑い系だけが残っていく気がする…


ところで、先日書いた無駄遣い二つのうちのもう一つはコレ


海の男達の歌
土気シビックウインドオーケストラ / / インディペンデントレーベル
ISBN : B00028G4E6
スコア選択: ※※※※

無駄遣いには違いないんですが、このCDも当たりでした!
表題作「海の男たちの歌」(海兵隊の依頼で作曲したらしい)と、
「伝説のアイルランド」「大地と水と火と空の歌」(これはネイティヴ・アメリカンが元ネタ)の、
R・W・スミスの曲が軒並み良かったのと、
ロングフォード・レジェンドも気に入ったので(ロングフォードって言ったら、
レンスターのミディールの丘があるとこじゃない!ひゃっほう)
もちろん、レスピーギの『アッピア街道の松』も大好きです!
最初小さく刻んでいた低音のリズムが、メロディーラインと一緒に徐々に大きくなってくるのって、
あれ、ローマの軍団兵の足音なんですよね!
(レスピーギのプログラムの注意書きに確かそんなようなことが書いてあった)
辺境の戦に勝ったローマの軍団がアッピア街道の向こうから近づいてくる姿が
ものすごく容易に想像できる曲で、大好きです!
でも、最初音が小さいからってボリューム上げてたら最後えらいことになるので要注意。


しかし、つくづくミーハーな曲の聞き方してるなあ、自分…。
[PR]
by mi-narai | 2007-12-27 00:04 | その他
<< 晴れ 曇り >>