<< 雑記とゲームネタ 『寝ながら学べる構造主義』 『... >>

『イスラーム思想史』 『イブン・ジュバイルとイブン・バットゥータ』 あとゲーム

ロクム菓子はトルコの菓子である。
わたしはギリシャ神話好き腐女子ではありますが、
この一点は譲れませんよ!
後、こっちは別に譲れるけど、
ウーゾのことはラク酒だと思っています。


科学 2014年 07月号 [雑誌]

岩波書店

スコア:


『2014 科学 7月号』
いや、この号『愛と性の科学』だったからさ。つい図書館で見つけて手に取っちゃったのよ。
だって、章タイトルちょっと上げてみると
「親子の愛と絆の脳科学」
「恋の分子生物学」
「イルカが「夢精」?」
「「越境する性」の生物学」
「愛は戦いである」

……
面白そうなんですもの!!
相変わらず理系の素養がないので、詳しい物質名とか細胞の状態とか言われてもよう分からんが、
哺乳類の幼児と成体間の感情形成の謎とか、オスメスの間に利害の不一致が生じてそれが
エスカレートした場合の話だとか、雌雄同体の生物だと対立が激化する傾向にあるだとか、
なんか色々面白かったです。
性、と書くとついエロい想像をしがちですが、ここまで大真面目に科学的見地から
語られると、むしろ学問的興味の方が克つなあ…。

あと、真ん中らへんに、連載エッセイらしき音楽の話が載ってて
それがまた面白かったです。
そういえば、ピアノってオクターブを均等に割り振ってるから
本当に美しい和音からは少しずれてるとかそういうはなし、
昔どこかで聞いた気がしますよ。


イスラーム思想史 (中公文庫)

井筒 俊彦 / 中央公論社

スコア:


井筒俊彦著『イスラーム思想史』
読了。

古本屋で見つけて買いました。
井筒先生の御本だったので!
で、読み始めて、内容の難しさに寝落ち数回…

いや、井筒先生はまったく悪くないんですよ。
分かりやすく、かつ美しい日本語で説明なさってらっしゃるんですが、
イスラム神学&哲学が難解なのですよ…
アホなわたしの頭脳を恨む…。
とりあえず、
第1章は『イスラーム神学』
ざっくり思想史の流れをガザーリーの登場まで説明し、
第2章で神秘主義(スーフィズム)
第3章でスコラ哲学(東方)、
次にようやくガザーリーによるスコラ哲学批判、
その後、第4章で西方スコラ哲学と続きます。

以下、その折々で思ったことなど。

・冒頭の、アラブ人の聴覚と視覚における感受性の豊かさについて。
見たものと聞いたものに対する鋭敏な感性について、井筒先生が説明していらっさるのですが
それが、魔法の筆で描きだしたビビッドで瑞々しい美の世界が一面に広がるさまを見る心地
なのでございますよ。
『よく見、よく聞く』男がアラブでは立派とみなされたらしい。
毎回井筒先生の著作を拝読すると、アラビア語の語感の美しさにも目がくらみます。
前のイブン・ジュバイルの旅行記読んだ時も
クレタがイクリーティーシャ、ヒポクラテスがブクラーティースに変化するのを読んで
なんて美しいんだろうと感心したものですが、
文章も美しいよね。
「アラーの他に神はなし」、も、原語では
「ラー・イラーハ・イラー・アッラー」
ですよ。
めっちゃ韻踏んでるやん!!
いや、わたしは日本語も大好きだし、北京語の歌うような抑揚も美しいと思うし、
明るく響くラテン諸語も、重々しい感じのドイツ語も、なんか可愛く感じてしまう東南アジア諸語も
大好きですが。トルコ語は膠着語でなんだか親近感。


言語ついでに。
本の性質上、アラブ名が山ほど出てくるんですが、
じわじわ分かってきましたよ。もともとイブンが「~の息子」、アブーが「~の父」ってのは
知ってましたが、アルは、あれか、名前の後ろにつづけて、その名前を修飾する要素なんかな。
アル・ディーンとかアッシッディークとかは「敬虔な」的な宗教関連の二つ名っぽいし、
アル・ガザーリーとか、アル・バスターミーとかは、「~出身の」ってことなのね。
サラディン、の時も思ったけど、アヴィケンナとかアヴェロエスとか、ラテン語化されたアラブ名は
確実に元のイブン・スィーナーとか、イブン・ルシドの方がかっこいいのになあ。
と思うのは私だけでしょうか。

・イスラム神学の正統派のながれとか、井筒先生はすらすら説明なさってるけど
(おまけに、それをさらに学びたい場合の文献も紹介して下さってる)
これ、ものすごい量の原著読んで、研究書も読んでるってことやんな…。すっごいな。

・おそらくムハンマドさんの想定を超えた勢いでイスラムは周辺に拡大したのだと思う。
コーランに規定されていなかった諸々の問題に立ち向かうために深い思想に分け入ったのが
イスラム神学のはしり、という説明は大変わかりやすかったです。

・しかし、学説の中身に踏み込むと、途端に理解がつらくなると言う…おバカな読者でごめんなさい。
第一質量たるアラーから流出した形相がどうたら(新プラトン主義につらなる流出論)、て言われても
あんまりその辺の詳しいとこには興味がないので…(ならなんでこの本読んだし)
いや、しかし、10世紀にも入ってないのに、そういった哲学用語がすでに生み出されてたってのには
驚きました。
ちゃんと、そういった哲学上の特殊な概念を表すアラビア語表現があるんですよ!凄いよ!

・スーフィズム
キリスト教の修道士の影響のほかに、インド哲学の影響もあったらしい。
くるくる回るアレがまっさきに頭に浮かんでしまいますが、実際の活動はもっとラディカルだったようです。
そんなイメージを受けました。
なんか、感触的には密教とか、修験道とか、小乗仏教的な、
個人的に修行して悟りを開くアレと似てるなと思いました。
大乗仏教のような大衆的なものではないなと。

・スコラ哲学
こちらは、版図が広がったおかげで古代ギリシャの哲学者たちの著作にふれ、
それがとり込まれて発展したイスラムにおけるスコラ哲学。

ちょ、ギリシャ語、めっちゃ翻訳されとる…!!

いや、バグダードに翻訳の館とかあったのは知ってましたよ。
でも、その言語能力の高さに魂げたよ…!
逐語訳でなく、
ちょうど内田本で読んだ、ソシュールのいうところの内包する意味内容の食い違いを
きちんと理解した上で、ギリシャ語の原著が言い表そうとしていたのとほぼ同じ意味を
アラビア語の読者が理解できるように訳してあるんだって!!すごいですね!!!

けど、アリストテレスはともかく、プラトンは、プラトンの著書その物じゃなくて
新プラトン主義の著書が多く訳されたみたいで、ソクラテス先生の素晴らしさの啓蒙には
あまり役立ってなさげ…(そこ、心配するとこか?)。

・流出論とか、第一原因がどうとか、難しいなあ…。

・スコラ哲学者たちは、理性信望者で、哲学>神学と定義したから時々神学側から反撃食らってたらしい。

・イブン・スィーナーの説を真っ向からやりこめたのが、アル・ガザーリーらしい。

・それにしても、イブン・スィーナーにしても、イスラムの大哲学者は同時に大医学者で
あることが多いんですってね。
なんか、分かる気がする。物理学の最新研究とか聞いていると哲学的だなあと思う事って
多々あるもん。こう、考え方に情緒がまったく絡まない感じがさ。

・最後、西方(つまりスペインの)スコラ哲学で、『思想史』は終わります。
あとがきによると、それで漸く13世紀のイスラム思想史までをざっと見た、くらいなんだって。
400P以上もあるのに、イスラム思想はそれ以降が本番らしい(ちょ、前振り、長ッ!)。
その本番を学ぶためには前史も知っておかねばならぬ、とこの著作をものされたとか。
基礎的な本のつもりなので、その分野でのトップの思想家しか紹介してないし、
その思想もさわりだけの説明らしい。
これで。
すっげーな、イスラム思想史!奥深い!!
この本が出版されたのは1975年なので、それから多少は変わったかもしれませんが
当時イスラム思想史というものは、元著が訳されもせずに放置されており、未発見の宝が
そこらじゅうにざくざう埋まってる状態だったんだそうな。
中世哲学方面に進みたい研究者の人は、イスラムと絡めたら競合する相手がいなくて
良いかもしれませんよ!雇ってくれる大学も少なそうですが。
(それ以前に、アラビア語学ばないといけないけど)


イブン・ジュバイルとイブン・バットゥータ―イスラーム世界の交通と旅 (世界史リブレット人)

家島 彦一 / 山川出版社

スコア:


家島彦一著『イブン・ジュバイルとイブン・バットゥータ』読了。
世界人物リブレットとかあの、小冊子スタイルの本。
イスラムづいてる内に続けて読んどきました。
イブン・ジュバイルさんもイブン・バットゥータさんも、どちらも著名な旅人ですね。
特に後者は世界史の教科書にも載ってる有名人です。『三大陸周遊記』書いた人。
前者の方も、これ以降のお手本になった紀行文を書かれた、大変なビッグ・ネームです。
タイトルから分かるように、旅する上でのイスラムのネットワークと、
紀行文学(リフラ)の位置づけ、その歴史などについて書かれた冊子です。

特に前半の旅の部分が面白かった!!
各国の王によって組織された公的な大巡礼団(ラクブ)や、巡礼の作法について書かれてて、
どうしてわたしはもっと早くこの本を見つけなかったのかと小一時間(以下略)。
後、リフラは、今でいう旅行案内書、地球の歩○方的な読まれ方をしていたらしくって、
その位置づけがちょっと面白かった。
国を越えて、手引書片手に巡礼の旅が出来た時代もあったんだなぁ…
(なんで今こうなった…。民族主義があかんのか?やっぱり欧米のせいか?)


妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず (角川ホラー文庫)

榎田 ユウリ / 角川書店

スコア:


榎田ユウリ著『妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず』読了。
友人が50円で買った本。借りたので読みました。
うん、ラノベ。
ラノベ特有のかっこつけとか鼻につく言い回しとかはもちろんあるんですけども、
でも意外と面白かったですよ。
狂言回しの脇坂くんがいい味出してて、わたしの中で
脇坂×一課のエリートという図式が出来上がりました。
(※自重しなさいよ)


妖奇庵夜話 空蝉の少年 (角川ホラー文庫)

榎田 ユウリ / 角川書店

スコア:


榎田ユウリ著『妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず』読了。

2冊目。
相変わらずラノベ。
いっその事ホモ展開すればいいのに、と思いながら読みました。



ドラマDVD
『アボンリーへの道』SEASON1
シーズン1,2買っちゃった。
一番見たかった回、シーズン2の『フェリシティの初恋』まで妹と二人で見ました。
改めて見直すと、いいドラマだなぁ…。
『赤毛のアン』と同じ作者の原作のドラマ化だから、『アン』の方で出てきた登場人物も
何人か出てきたりしてます。マニラとか、リンド夫人とか。
時系列的には、アンが結婚してグリーン・ゲイブルズにはもう住んでないくらいの時期です。
雰囲気は『大草原の小さな家』と似てるけど、こちらの方が穏やかです。別に開拓地じゃないからかしら。
あんまり危険はないし、外から訪れる客も少ない。その分村の中の出来事はなんでも筒抜けです。
このドラマ、全体的にアットホームでノスタルジックで、健全で、時々うるっとさせられるんですよね。
主人公は、都会のモントリオールから母方の親戚を頼ってやってきたセーラという小学生くらいの女の子。
でも、わたしが好きなのは、そのセーラを預かることになったローズコテージの主人、へティです。
オールドミスで学校の先生なんだけど、どうしようもないくらい意地っ張りですぐに威張り散らすし、
嫌みは言うし、時々どうしようもないくらい耐えられない人なんだけど、好きなんですよ。
母方の女性が母も祖母もこのタイプでさ。
世間には2種類の母親がいて、よく出来た賢母タイプとダメおかんタイプ。
うちのおかんは確実に後者なんだけども。
デリカシーがなくって何故一番言ってはいけないことを言ってはいけないタイミングで言っちゃうかな
みたいなとこがあって、とりあえず嫌味言うのがデフォルトだし、
気が弱いくせに自覚がなくって去勢張っちゃうとことかね。
謝るのがクソ苦手なとことかね。愛情表現下手糞だしね。
時々ほんとに「もうー!!!」って腹が立つんだけど、
でも、ものすごい愛情深い、いい人なんですよ。
善良さは全ての欠点を凌駕するよね。むしろその欠点が愛おしくなりますよね。
そんな感じで、へティが時々見せるセーラへの愛に、大概やられちゃって鼻水啜る羽目になるのでした。



以下、金色のコルダのプレイメモを折りたたんで載せときます。





『金色のコルダ2f』
お借りしたのでさっそく。

曲を仕上げるのにものすごい燃える…!!

1周目 難易度:やさしい 攻略目標:冬海さん
最初にアンサンブルに誘われたので攻略してみたけど、
後で考えたら他の攻略キャラと並行でもいけたかもしれん…
とりあえず、思いのほか楽しかったです。
冬海ちゃんのしゃべり方がなんか好き。
大体メール受信音冬海ちゃんの声にしてたくらい。


で、攻略順を練る。
メインキャラ攻略を
冬海
柚木
月森
志村
加地
火原
土浦
の順にして、サブキャラは衛藤→王崎→金澤で同時進行、くらいにしようかな。
ちなみに今回も美味しそうなところは後に残す方針で。


2周目 難易度:むずかしい 攻略目標:冬海さん ついでに柚木連鎖
難易度難しいで。めちゃめちゃ難しいがな!!
やりなおさなかったらコンサート結果がB,A,B,に!(最後は流石にSとったけど)
同時進行で柚木先輩の連鎖も狙う。
好みでないことは確かなのですが、耐えられないほどでもなかった。
下天のみっちゃんよりさらに堪え易くなっております。
まあ、口で意地悪いうだけやし。聞き流しといたらええ話ですよ。


3周目 難易度:ふつう 攻略目標:月森連鎖、衛藤
見た目つんけんしてるし、とっつきにくい人なのかなと思ってた月森くんですが、
蓋を開けたらものすごい真面目でがっつのあるタイプでした。
嫌いじゃないですよこういう人!
で、親密度がアップしていくと、こやつは何を真顔で言っておるのだ、と
呆気にとられるくらいこっぱずかしい台詞を言いおるのですが、
真面目な人が恋愛するとこうなるのだな、というか、
恋愛しても真面目だよなあこの少年は、などと微笑ましく
なかなか楽しかったです。
でもって、エンディングは割とあっさり目なのが仕様だと分かってきました。
衛藤君は、えっと、可もなく不可もなくというか、ふつう…(悪くはないんよ悪くは)
最後に年齢聞いて、はんざいくさいとおもいました(おい)

プレイしてて、なんか、最後のコンサートの時に加地が来たからなんじゃ?と思って
確認してみたら、いつの間にか恋愛段階が最終まで進んでおった。
バイオリンとヴィオラがセットの曲が多いから、せっせとやつのレベルを上げるために
練習に付き合ってたらいつの間にやら仲良くなっておったらしい。
(主人公の方から積極的に行ったことは皆無だというのに)
なので、ついでにED拾っときました。
意外とわたしは加地君が好きかもしれん。
攻略順を加地と火原を入れ替える。


4周目 難易度:難しい 攻略目標:月森恋愛、衛藤難しいED
うっかり衛藤君のために休日一人練習するの忘れてて、イベントをとりこぼし、
攻略しくじっちゃいました。
月森君はそのまま順調に。
で、相変わらずレベル上げのためにせっせと加地と練習してたら
またも加地くんのエンディングが釣れてしまいました。
(最終コンサートの前、「ハナシがあるんだ」などと奴がやってきた時には心底魂げたよ。)
しかし、「難しい」でプレイするとどうしても恋愛よりも曲の仕上がりの方に
意識が持ってかれちゃう罠。


5周目 難易度:普通 攻略目標:志水連鎖、王崎
しまった、今回もうっかり親密度上げ過ぎて志水くんの連鎖3イベント取りこぼした。
仕方ないので普通の恋愛エンド見ました。
志水君、なんか、ハムスターみたいでかわいかったです。
王崎さんは、毎回誕生日イベントをスルーしてその先をシャットアウトしてたんですが、
順調にいけばこういう展開になるのだな、と。
一緒に練習する場面が入らないので、若干愛着がわきづらいのがもったいないと思いました。


6周目 難易度:普通 攻略目標:火原先輩連鎖
とりあえず、狙ってる人がいる場合は、曲も、その人が必ず入ることにしようと思っているのですが、
トランペット曲が少なくて泣けてくる。
ていうか、百歩譲って木管ならまだしも、トランペットと弦楽器とを
合わせようという時点でだいぶ無理があるもんな、難しいところですよね。
(そう考えると、このゲームの編曲担当の方は素晴らしい仕事をなさってます)
わたし、トランペットの音好きなんですよ。
単独の音も好きですが、オーケストラとかで、他の楽器の後ろから付き抜けるように響いてくるときなんか、
もう燃え滾ります!!禿山の一夜だっけ、最後の辺でトランペットが
夜を切り裂いて天から光が射すように響いてくるあの一節とかさ。
(多分あれは鶏の鳴き声かなと思うんだけど、そんな風に感じたのよ)

ところで、
火原先輩は裏表なくてカワユらしい。
連鎖ではそんな先輩の滅多にない苦悩が見れて二度美味しい仕様。


7周目 難易度:難しい 攻略目標:火原先輩恋愛、志水連鎖、王崎難しい
火原先輩攻略のついでに、2周前に取りこぼした志水くんの連鎖と、まだ見てない王崎先輩の
難しいエンドを狙ってみる。
この辺りになると流石に慣れてきて、コンサートの結果はやり直さなくても
S以上が取れるようになってます。
火原先輩は、今回もかわいらしかったなあ。
初めてかほちゃん、とか名前呼びされてびびる。
あれ?これのきっかけってなんだっけ?と首をかしげている時に、
連鎖の進んだ志水くんからも「かほ先輩って呼んでいいですか」的なことを言われ
ああ、恋愛段階が進みきってから放課後話しかけたらいいのね、と判明。
それにしても、火原先輩を攻略しているともれなくついてきて、
勝手にキレて積極的にブラックサイドをチラ見せし、
「これでも君はぼくが好きか」的なことを火原先輩に迫る柚木さんは
ほんまどこのツンデレかと。
わたしが柚木さんのことを好みのタイプじゃなくて良かったですこと!
もし好みだったらフルート×トランペットの短いSSとか薄い本とか、出てるところでしてよ!
しかし、ブラック柚木もさらっと流す火原先輩はAKYもここまで極まるとあっぱれというか
天然は何より強いというか。
笑顔が可愛いからもうなにもかも許します。
前回の反省を踏まえ、今回は親密度を押さえて、無事志水くんの連鎖も拾え、
片手間に王崎先輩を落としてみた。
王崎先輩は難しいでやっても、ほっとんど変化ないので、やらなくても良かった感が…。


8周目 難易度:普通 攻略目標:加地連鎖、月森恋愛
意外と気になる加地君。楽しいです。
しかし、親密度が上がり過ぎて、志水連鎖と同じ轍を踏んでしまった学習能力のないわたくし。
うっかり恋愛段階が進みすぎて連鎖が止まってしまいましたしまった!!!!
それにしても、加地君は、真面目な顔してようく聞いてみると

お前はなにこっぱずかしい台詞吐いとんじゃーー!!

と身悶えしたくなるようなことを言ってたりしますね助けてトンジャーイエロー!
しかもこれだけゲロ甘い台詞を吐いておきながら、愛称呼びを要求したら
「僕だって、照れることだってあるんだよ」などと拒否りよった…!!
お前の照れる基準が分からん!さっぱり!


9周目 難易度:普通 攻略目標:土浦連鎖、火原恋愛、猫楽譜演奏
加地君の連鎖は、土浦難しいEDと同時にすることにして、上記の3つを目標に掲げる。
今度こそ、連鎖をとりこぼさんぞ…!
後、猫楽譜を演奏するためにはメンバーのレベルを20まで引き上げないといけないので、
なるべく全員と親密度500を超えて、個別楽譜を手に入れようと画策する。
…けっこう面倒です。
土浦君は一貫して素敵なんですけどね。安定のいぶし銀。
下天でいうなら師匠枠。
志水君、加地君と、二人続けて連鎖を落としたので、
今度こそ親密度を上げすぎないよう気を付けてプレイしたら、返って火原先輩のほうが
本命のようになってしまいましたよ、
昼休みとか、日曜日デートとか、たくさん取りこぼした気がする。
それらは次周の土浦難しいEDの時に拾おうと心に決める。
とりあえず、今回は火原EDも土浦連鎖も拾えました!
無理かと思った猫楽譜も、意外と余裕をもって挑めて、満足した!


10周目 難易度:難しい 攻略目標:土浦恋愛、加地連鎖
難易度を難しくすると毎回いろいろギリギリなので、
あまり多くを詰め込みすぎると取りこぼすかしら、と思って、攻略目標は少なめに。
いや、それで、結果からいうと、ちゃんと目標は達成できたんですが

加地君の連鎖が意外に良かった…!

のですよコレが!!ていうか、おのれの才能の欠如に向き合うのはつらいよな!!!!
しかも人より目(この場合耳)が良すぎるせいで、才能の欠如を誰よりも実感してしまうという、ね。
おおおおお切ねえぇぇぇぇ!!!
ほとんど最終局面だけど、これからは加地君に優しくしよう!と心に誓いました。
強く生きろ!


11周目 難易度:難しい 攻略目標:金澤先生ED、冬海ちゃん、土浦、火原の取りこぼした
日曜デートを拾う(スペシャル回収のため)
10周目が終わった時点で、どの程度スペシャルが空いてるか確認したんですよ。
人別で言えば、

加地君のみがパーフェクトにすべてのイベントもアルバムもスペシャルも揃っていた

という…。恐ろしい子…(白目)
お借りした攻略本をひも解いて、金澤先生のエンディングを拾うついでに、
ほかの人の開いてない「スペシャル」も回収しようと思ってさ。
友情段階2、3,4時の休日遭遇が抜けてた冬海ちゃん以外は、軒並み
恋愛段階1での日曜デートが抜けてて、笑ってしまいました。

で、とりあえず、始めたんですが、普通にやれば割り当てられている土日では
取りこぼしを全部拾うのは無謀…!
なので、一度見てセーブからやり直しを試してみた。
イケた…。
大体足りないのは恋愛第一段階時の日曜デートなので、最初のほうにやり終えてからは
後は金澤先生と冬海ちゃんに集中できました。
ちょっとだけ余裕ができたので、フルートの人の難しいEDも狙ってみました。
なんと。最終コンサート1日前に、第5段階恋愛段階をクリアしたよ。ギリギリ。
なんか、久しぶりにフルートの人と会話したけど、なんであんなに偉そうなのか…
いや、お好きな方はすみません。でもあかんよ、お若い御嬢さん方は騙されてるんですよ。
あいつほんまは神経質なくせにいろいろ外面を取り繕いすぎですよ。
しかも自分でそうしたくて取り繕ってるくせに自分で疲れて主人公にあたるしほんましゃーないお子様やで。
でも、火原くんに対する愛には共感する。
最終的に、やっぱり『下天の華』の光秀ポジションということで落ち着きました。
最初のほうでも書きましたが、「好みではないが、耐えられないほどではない」、くらい。

まあ、フルートの人はいいや。
久々に冬海ちゃんをしっかり攻略してやっぱ女の子はいいよなあ、などとほのぼのしました。
日曜はほかの人に誘われてもことごとく断り、一人練習して女の子か教師を待つという、ね。
青春の使い方間違えとる…。
金やんも良かったですよ。安定の大人。安心しますね。
楽しみにとっておいた甲斐がありました。
しかし、あまりにも新理事長の影が強すぎる。
わたし、金やん×主人公よりも、新理事長×金やんのほうがときめきます腐った大人でごめんなさい。
これは本気で誰か薄い本を出してくれてる人がいないか探しそうになりました。
いいじゃない、後輩×先輩でさ。
主人公には一貫して無愛想な新理事長も、先輩に対しては喉の心配したりするしさ。
日曜日には必ず偶然を装って通りがかっては先輩を拉致ろうとするしさ。
分かってる。あの後、夕食に誘って、しこたま酔わせて
聡そうに見えて案外鈍感な先輩を押し倒そうと目論んでるのよね。頑張れ。


とりあえず、全員攻略してみて、結局耐えられないくらいダメなキャラクターはいませんでした。
声は断トツで土浦君が好きだ。
[PR]
by mi-narai | 2014-09-07 17:13 | 2014年下半期の読書
<< 雑記とゲームネタ 『寝ながら学べる構造主義』 『... >>