<< 『新編・普通を誰も教えてくれない』 『青い城』、他 >>

見た夢メモ

その①
はにー(+その他の父方の一族全員)と旅行に行く夢を見た。
わたしは夢の中で「あ、これは夢だな」と気付き、隣を歩いてた妹に
「ちょっと!今しかチャンスないで!この隙におじいちゃんを写メりまくらな!」
ともちかけ、そのまま撮影大会に突入。
夢だという事に気付いたのに、どうして夢で撮った写真が起きてからも残ると思ったのか……
(せっかくベストショット、ちょういい笑顔が撮れたのに~~!!!)

その次の日「明日法事で田舎に帰るから」と父に宣言され、たいへんびびりました。

父方の田舎で母と山の中腹の墓を掃除しながら(周りは木ばっかりで、あったかい日が差してて
墓だってのにものすごい気持ちよかったですよ~。…夜には行きたくないけどな)
ご先祖の話など聞きました。
私、自分のご先祖はオール農民だと思ってたのですが、
実は
①はにー(父方の祖父)はこの辺りの貧乏寄りの普通の農家(コレは想定内)
②父方の祖母は柳生の家系(自称)らしい。しかしこれは自称なので信憑性は疑問。
③母方の祖父は、県南部の自営農の家系だと思ってたら、実はその数代前はお医者で
帯刀も許されていたらしいけど、一人極潰しの家長が身代を飲みつぶしてしまったらしい(マジか?)
④母方の祖母は、前々から、若い頃は神戸で暮らしていた、ということを自慢していたので
神戸のお嬢さんだったのかと思っていたら、その数代前は京都の武士の家柄だったとかなんとか

いろいろ衝撃でした…
でも、ひとりも商人は居ないのね…(がっかり)


その②
職務内容が派遣法に引っかかるという理由で拘置所に入れられてしまうとんでもない夢を見た。
派遣仲間たちがこぞって助けてくれるんだけど、職場の次長にその腹いせに
日本刀で切られそうになったりしてちょうこわかった…
[PR]
by mi-narai | 2010-03-15 01:00 | その他
<< 『新編・普通を誰も教えてくれない』 『青い城』、他 >>