タグ:自然科学 ( 34 ) タグの人気記事

『生きる力、死ぬ能力』 『ローマ人の世界 社会と生活』他

生きる力、死ぬ能力 (シリーズ生きる思想)

池田 清彦 / 弘文堂

スコア:


池田清彦『生きる力、死ぬ能力』読了。
一瞬哲学の本か何かかと思わせるタイトルですが、一応理系の本です。
著者の池田清彦というのは「構造主義生物学」というのを立ち上げた理工学部の教授で、
ネオダーウィニズムに疑問を投げかけてる人らしい。
でも、この本は一般向けに噛み砕いていろいろと書いてあるので
ワタシのようなお馬鹿さんでも理解できる仕様になってます。
以下、これまた以前に読みすぎて記憶がうろなので強烈に覚えていることだけ
ピックアップ。

・大体はタイトルのとおり、進化の過程で「死」という能力を獲得した生物が
どう変化してきたか、という大筋です。
最初の取っ掛かりは、「死」に対する認識の話。
宗教の必要性に関する池田先生の意見はまさに普段ワタクシが考えていたとおりでした(握り拳)!
そうやんなあ!

・ちなみに、細胞として生きているのは卵子で、男性の提出する精子からは情報だけしか
次世代へ受け継がれないらしい。
つまり、「生」という状態を残せるのは女性だけなのです。
マジっスか。男は遺伝子を攪拌して様々な子孫を残すための道具ってわけっスか!!

…なんと過激な……
(※池田先生はそういう意図はもっておられません)

→しかし、その話を聞いて、太古の女系継承がいきなり真に迫ってきた感を受けたのは
わたしだけではないはず!
大昔、螺旋だと考えられていた大女神の力とDNAの螺旋とか、
…なんか、ぐるっとひとまわりして最初のところに立ち返った感じですね!

・セックスすると死ぬ?
いや、とりあえず、子孫を残すための仕事を終えると死ぬオス(※ここ重要。メスは死なない)が
多いという話が出てたので。
生と死ならぬ、性と死、ですねははははー
(これは、性交で若返る例もあるらしいので一概に言えませんが)
もうほんと、理系の本読んでるのに、ちょっと前に読んだ女神の本が後をひくひく。

・死ぬという能力を手に入れて大きく複雑な生物に進化した?
単純な生物の場合は死ぬ仕組みがないらしい。テロメアがないんだってさ。
同じ遺伝子で同じ性質で分裂して増えるわけです。
そういう生物は老化しないから、不慮の事故でない限り延々増えます。
増えて、よしんば環境が変わっても、そういう単純な生物はわりとアバウトで
そうそう全滅しないから別にかまわないらしい。
しかし、複雑になって環境によりマッチしてしまうと、その環境が変わると全滅してしまうのです
→いろいろな要素をもつ子孫を作る必要性が出てくる。
(=遺伝子を混ぜ合わせるという意味でのセックスの必要性)

また、複雑になるためには、誕生前、体を形作る段階で、細胞を一部「死」という能力で
意図的に殺して細かい調整を施す必要もあるらしい
→「死」は複雑な生物の宿命。
でも、複雑な生物だからこそ「死」を恐ろしいと感じることが出来てしまう辺り、皮肉だなあ…

などなど、思いました。

わたしは、未だにソシュールを読んだことがないのですが、
構造主義生物学を説明する段でソシュールのことにも触れてあって、
「…難解と言われるソシュールも、この説明ならわかるかも知らん!!」
と思いました!
後、ミトコンドリアの話が面白かった。
栄養にしてやろうと食べた相手が腹の中で生き残っちゃって、
うまいことお互いの利益がかみ合ったので共生関係発生
→真核生物の誕生!
だなんて、すごいな!ものすごい偶然の賜物じゃないっすか!
ドラマチックなものを感じてしまいました。
(もちろん、別の説もあるようなのですが、この説が面白かった)


ローマ人の世界―社会と生活 (1985年)

長谷川 博隆 / 筑摩書房

スコア:


長谷川博隆著『ローマ人の世界 社会と生活』読み始める。
これまた返却期限の迫った図書館本、今鬼のように読んでます。

数日後、読了。
長谷川先生って、バリバリ現役の方かと勝手に思ってましたが、意外とお年を召した方なのね…
色んなところに発表なさった論文を集めた本のようなのですが、
その発表年代が大体1970年代から1990年代でサ。
いや、でも、面白かったっスよ!
ローマの町の様子とか、職人の生活とか、牧人の社会的位置とか
そんなものをニマニマしつつ読みましたとも!
特に、商人の世界が楽しかった…。
小売商だけじゃなくて、ものすごく大規模に金を動かしてる大商人
(これは大体騎士階級が担ってたらしい)なども当時既にいたのですね!
そらもう、メルクリさんの本領発揮っスよ!
質実剛健を旨とするローマ人社会で、昔かたぎのローマ人にさげすまれながらも、
金と権力を駆使して暗躍するとイイっスよ!(花開く色々な妄想)

ソレとは別に、何故か中間部分に長谷川先生の旅日記的なものが挿入されてて、
(主に色んな遺跡に行った話など)
そこで語られる往時のギリシア人の人懐っこさが大変印象的でした!
他の土地(地中海東岸とか、アフリカ北岸とか)だと、ものすごい白い目で見られた長谷川先生も、
ギリシアではすぐに人の環に引き込まれ、親身にもてなしてもらったそうな。
たしかに神話では旅人をもてなす伝統があるように見えるけど、ちょっと前までそうだったんだなあ。
この風習って今もそうなんでしょうか…


高橋哲雄著『アイルランド歴史紀行』まだ途中。
歴史の流れそのものじゃなく、いろいろアイルランドの歴史と関り深い人や
事件、旅した時の印象と絡めて、アイルランドそのものを浮き彫りにする
手法で描かれてるんですが…

なんか、自分の中でアイルランドに関するイメージが随分変わりました…

…意外に、グダグダっすよ、歴史の中のアイルランド人…。
熱しやすくて情熱的で行動派だけど

詰めが甘い!!

あんまり効率とか先の事とか考えずにやり始めたんじゃないの?
と疑わざるを得ない事件や事物が山盛り沢山ですよ。
や、個人的にはそういううっかりしたところ、大好きですが!
(人間、隙がないとかわいくないじゃないですか。)

とりあえず、あと3分の1くらいなので張り切って読みきります!



『新三銃士』
見ようと思って録画したはずが、3日分しか取れてねえよ!!
デュマ先生、ごめんなさい!
でもロシュフォールの声ちょっと好みー…


『相棒』のピルイーターの人
や、新シーズンが始まるに当たって、番選のために相棒メンバーが某バラエティーに出てたんですけどね。
それを見ていた妹とわたし、例のピルイーターの人が、回答時、急に照れたような笑顔になった瞬間同時に
「いやーん、うそー、めっちゃかわいいやん!!」
(振り切れるMOEメーター)
などと盛り上がってしまったのです。
役柄的に普段むっつりしてることが多いんですが、笑顔が思いのほか可愛かったのですよー!!!

…最近妹との好みの一致具合が激しくて怖い…

(実生活では全然違うのになあ…)
でも、それで勢いづいてピルイーターの人のサイトを見に行ったのですが
そこに載ってる本人にはそんなにときめかなかった…。
単に役柄萌えだったようです。ていうか、

そこまでオールバックと眼鏡が好きなのか、わたし…?

(勿論好きに決まっとるわい)
[PR]
by mi-narai | 2009-10-26 00:19 | 2009年10月の読書

『都会の花と木』 『ギリシア・ローマ神話』 『ギリシァ思想の素地―ヘシオドスと叙事詩』

都会の花と木―四季を彩る植物のはなし (中公新書)

田中 修 / 中央公論新社


田中修著『都会の花と木』読了。
またもただでいただいたので張り切って読みました!
前作の『雑草のはなし』では雑草について書いたので、
今度はその時に書きそびれた花について書いた、とのこと。
今はキノコの研究の方が主流っぽい田中先生ですが、
もともとはお花がお好きだったのだろうなあ…。
生物の先生のクセにようそんな小ネタ知ってんなあ、と感心する雑学の宝庫です。
その合間合間に時々真面目な生物ネタが織り交ぜてあって、なかなか楽しかった。
作中での先生ののんびりした語り口もあいまって、
疲れたときに読むとほっと出来ますョ☆


ギリシア・ローマ神話 (講談社学術文庫)

佐々木 理 / 講談社

スコア:


佐々木理著『ギリシア・ローマ神話』読了。
古本屋で安かったので何の気なしに購入した本。
タイトルと、目次の
「1、燕と鶯
 2、葦のささやき
 …」
といった記述から、オウィディウス風のエピソードを一般向けに紹介した
(つまり、更なるギリシアを求めるむきにはやや物足りない)本かと思っていたら
『地中海世界を彩る人々』とは逆に、こちらはがっつりマニアックな本でした。
おおおー。意外。予想の斜め上を行く方だぜ、佐々木先生。
この佐々木先生という方、あまり聞きなれないお名前なのでどんな方なのかと思ったら
あとがきに民族学者の大林太良先生の解説が載ってました。
なんでも1900年に生まれて1991年に91歳で世を去ったギリシア神話関連の先生のようです。
海外の碩学(ニルスセンとかロバートとかヴィラモーヴィッツとかジェーン・ハリソンとか)に良く学んだ方で、
今ほど翻訳が出てないころ独学で外国語を学んで原書で勉強なさったらしい。
(だからオスマンをオットーマンと呼ぶような呼び方が時々見えるのね)

ていうか、かくいう大林先生も2001年にお亡くなりになってたのですね。
『地中海世界を』の柳沼先生もなんてこったい昨年8月にお亡くなりになってるし、
良い先生がどんどん世を去ってゆく…。ご冥福をお祈りします。

閑話休題、本書ですが、第1章の燕と鶯、からしてもう待ったなしで面白かった!
これ、元ネタは
テーレウス王にお嫁入りしたプロクネーと、
その妹でテーレウスに犯された上に舌を抜かれた気の毒なピロメーラ、
諸悪の根源テーレウスがそれぞれ3種の鳥に変わるエピソードなんですが
鳥の鳴き声の検証から、民話の話型として考えた上での組み立て、
子殺しの他の民話における例証、など、イロイロなアプローチが大変スリリングでした。
『テーレウスは、突き詰めればトラキアのゼウスに相当する天空神だったかもな』、
という結論なんて真偽はともかく面白いと思いません?
しかも、この佐々木先生、さすが91歳まで生きた方、話題の幅広さが半端じゃありません。
ローマ、クレタ辺りの伝承を知ってるのは当然として、マヤ・アステカ、モンゴル、
中国まで、そんな細かい伝承よう知っとるなあ!!とびっくりするほどの知識をお持ちです。

とにかく、一つのエピソードが先生の手にかかって掘り下げられていくうちに
思わぬ方向へと転がっていき、まさに予想の斜め上の結末にたどり着くのが
毎章ごと、ドキドキするほど楽しかったのです。
1964年に書かれた本に、改訂を加えたのが本書なので、
ひょっとして現在の最新の研究から照らし出すと大時代的な記述なんかも
あるのかもしれないのですが、この佐々木先生、文章力も侮れない方で
そんなこと気にならないほど引き込まれてしまいます。

いやあ、古本屋さん、ええ本買わせてもらいました!


ギリシァ思想の素地―ヘシオドスと叙事詩 (1973年) (岩波新書)

久保 正彰 / 岩波書店

スコア:


久保正彰著『ギリシァ思想の素地―ヘシオドスと叙事詩』読み始めました。
これまた古本屋で買い叩いた本です。わたしの生まれる前に出版された本。
久保先生といえばわたしにとって「オデュッセイア陰謀夫婦説の人」
「オウィ先生好きの人」という申し訳ない印象の方なんですが、
本当は東大の偉い先生でその上呉先生の一番弟子というとんでもなく
雲の上のお方だったりします。(この方は多分まだ御存命)
とりあえず、まだ序盤なのでヘシオドスの描く暦&農事の記述を
読んでいるところです。
[PR]
by mi-narai | 2009-03-25 22:45 | 2009年3月の読書

『ロロ・キドゥルの箱』 『花と緑のふしぎ』 『ギリシア・ローマ世界における他者』

中島 成久著『ロロ・キドゥルの箱―ジャワの性・神話・政治』読了。
4章の日・月食の話の次は、5章は「スケルト」の話。
スケルトというのは、厄払いをしてもらわないといけないカテゴリーに入っている人の総称です。
二人姉妹とか、二人兄弟とか、すり鉢を壊した人とか、色々条件があって、
その条件に当てはまる人は、人食いの神様ブトロ・コロに食べられちゃうんだって。
そうならないように、ルワタンという厄払い劇をプロの人に演じてもらって、
「真の知識」に開眼しないといけないんだって。

外からこういう風習を除き見るのはとても好きですが、
自分が暮らしていたら、ちょっと大変だろうなあ、と思いました。
わたし、めちゃめちゃスケルトに当てはまってるやん。
ルワタン上映中は寝てはならぬという約束事さえ守れそうにないですし。

それはさておき、面白かった。
ギリシア神話では既に「神話」として整えられてるような伝承が
泥臭いまま残ってたりするのが特に面白かったです。


花と緑のふしぎ―おどろき?と発見!の
/ 神戸新聞総合出版センター
ISBN : 4343004791
スコア選択: ※※※



『おどろき?と発見!の花と緑のふしぎ 田中修×道上洋三』読了。
またも職場の上司がただでくれたので。
田中先生とラジオの司会者「おはようパーソナリティ」の道上洋三の
対談形式で書かれてます。同上のラジオ番組での対話の採録のようです。
内容に関しては、他の本で読んだネタが重複していた部分もあって
まあ、読みやすかった。
なんか、だんだん植物関連のトリビアが増えていきますよ…。
(トマトの種は、ぬるぬる部分をきれいに洗って乾かしてから植えたら
芽が出るそうですよ!!
あと、イチゴの種は、あのつぶつぶの中にさらに小さなのが入ってんだって!!
マツタケ菌はナガイモが好きらしいよ!!)


ギリシア・ローマ世界における他者
/ 彩流社
ISBN : 4882028271
スコア選択: ※※※※



次のまじめな本として、
地中海文化を語る会編『ギリシア・ローマ世界における他者』を読み始めました。
タイトルにもなっている大きなテーマをめぐって、各著者が自分のフィールドで
展開する論文を集めたもの。
最近、ギリシアとは関係ない本ばかり読んでたので、
なんとなく古巣に戻ってきたような気持ちです。
1の『<ダイモーン>の顕現』
2の『「オデュッセイア」におけるフェニキア人』
3の『ギリシア悲劇にみるギリシア的なものと非ギリシア的なもの』
4の『「バッカイ」における<他者>』
まで読み進んだ。
いやあ、自分のわかる話題を読むのって楽ですね!
苦もなくスイスイ読めますよ~。

いろんな研究者が集められてる一冊なので、
悲劇や叙事詩についての解釈が、各人まちまちなんですが
わたしは専門家でもなんでもないので、ものすごく人事で面白くその解釈の違いを読んでます。
オイディプスの目をつぶす行為ひとつにしろまあ千差万別なこと。

後、改めてアイスキュロスの時代はアテナイの民主主義の夜明けだったんだなあと。
社会的背景を踏まえた上で悲劇を読むと面白さ倍増です。

続きも楽しみに読もうと思いますが、
惜しむらくは、もうちょっとローマ関連の論文が多かったら良かったのにな…。


『デイ・アフター』
こないだテレビでやってたイギリス映画。
ロバート・カーライルが好きなので何の気なしに見てましたが、面白かった。
どえらい嵐のせいでロンドンが水没する話でした。
あまり災害ものやパニックものは怖くて見ないのですが
一度見始めると、ちゃんと災害が納まるところまで見ないと気持ち悪くって
つい最後まで鑑賞。
しかしロバート・カーライルはなんで出る役出る役で離婚してたり
家族とうまくいってなかったりするんかしら…
(あの普通に悲しそうな顔が悪いんか?)
ポワロ役をしていたデビッド・スーシェがちょっと慎重だけど、
良心的な副首相役をしていて、これもまた嬉しかったです。
[PR]
by mi-narai | 2008-09-17 22:56 | 2008年9月の読書

『葉っぱのふしぎ』 『エトルスキ国制の研究』

c0155585_110137.jpg

ちょっと前に飲んだお酒。甘かった…

葉っぱのふしぎ 緑色に秘められたしくみと働き (サイエンス・アイ新書 (SIS-062))
田中 修 / / ソフトバンククリエイティブ
スコア選択: ★★★



田中修著『葉っぱのふしぎ』読了。
職場の上司にまたも た だ で頂いたので!
顔を見たらお礼を言わねば!と速攻で読みきりました。
いや、でもコレ、ものすごい分かりやすくしかもカラーで書いてあるから
あっという間に読めちゃいましたよ。
おおむね一般的な葉っぱの仕組み(光合成や呼吸や水の吸い上げシステムなんかについて)
について書いてあります。小学生が読んでもわかるようにものすごく丁寧に書いてある。
しかし、植物ってうまいことできてんなあ…。
やっぱりここにも神々がいますよ。




平田隆一著『エトルスキ国制の研究』じりじりと読み進み中。
前回途中まで読んだとき、良く分からなくてしょっちゅう眠くなったので
今回は丁寧に読もう……と努力したら行きの電車で進んだの10ページてアンタ!
(ありえねえ!!)
そんなこんなで亀よりさらにのろいスピードで這うように読み進み中です。
(でも、亀はアキレスより早いんだぜ!(BYゼノン))
まだ超序盤のエトルリア語のお勉強部分。
以下エトルリア語について思ったこと

・非印欧語族だけど屈折語なのだなとは、前にも思いましたが、でもって若干膠着語に
近寄りぎみなのだなあ。
一応言語の形態は孤立語、屈折語、膠着語と分けてあるけど、一つのカテゴリーに入ってる
モノがずっとそのままかというとそうでもないらしい。
言語というのは変化するものなので、3つの形態間をゆるやかに移動するものなんだってさ。
なんで、別に名詞や動詞が屈折するからといって膠着したらいかんわけではない…。
で、場所を示す助詞なんかが名詞の後ろにどんどんついていくあたりは
わたしの乏しい言語知識で言えば、トルコ語に似てるなと思いました。
膠着時に母音が欠落したり、母音調和起こしてるっぽいところが。

・エトルスキ、という名称は一体どっからきたんじゃ?という疑問を考察する部分で
「エトルリア人の起源はトロイアにあった」などという説が紹介されていて
思わずにやっとしてしまいました。
いや、その節はあっさり退けられたんですけどね。

・エトルリア語とは関係ないのですが文法を説明する文章の中に
「エンクリティク」って言葉が出てきてさ。
無学なもんで語の意味がさっぱり分からず後でググって見たんです。
そしたら検索した中に「シュメール語の語順について」みたいな論文があったので
「おお、Eなばさんがやってるアレか~」と思って読んでみた。
仰ってたとおり、シュメール語って日本語と同じ語順で動詞が文章の最後に来るのですね。
妙に「おお~」と感動してしまった(笑)。
(とはいえ、世界の言語のうち、SVOよりSOVの語順の方が数は多いらしいんですけどね!
話者の数は中国語がSVO語順なのでSVO語順話者の方が多そうですが)
でもって、日本語のように、文の後ろに来た名詞ほど強調されるらしくって
これにも「おお~」と思いました。
(↑昨日学校に行った、というところを学校に昨日行った、とういと、わざわざ「昨日」を
強調しているように思える)
確かに、こういう感覚は欧米人には分かるまい!(ふんぞり)


あと2ページでエトルリア語の勉強ページが終わるので早く読み終えて国制のページに
入りたいです…(2ページがとてつもなく長く思える…)

[PR]
by mi-narai | 2008-04-25 21:57 | 2008年4月の読書