<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『アキレウスの歌』 『福の神と貧乏神』 『人類拡散の歴史』


マデリン・ミラー著『アキレウスの歌』
読了。
最後は駆け足で。
大体がこの本、『イーリアス』に忠実に書いてあるのでその通りの出来事が順を追って起こります。
(あくまでもパトロクロス視点で)
これまた、よく読んで知ってる場面ばかりなので、そうなんだよなあといちいち納得しながら読む感じ。
結局ヘクトール兄さんは最後まで遠い人でちょっと寂しかったですが、
アカイア方の人間から見たらそりゃそんなもんか。
パトロクロス亡き後のアキレウスのアレっぷりも原作どおりでしたよ。
原作読んだ時に感じたようなことを再び感じました。
おそらく、ここで吐かれるブリセイスの言葉は大半の読者の心の声w
でも、『イーリアス』のアキレウスの嘆きのセリフ
「君は、君だけは生き残って父上や息子に俺の活躍を伝えてくれると思っていたのに」
とか
「もう二人だけで、少し離れた場所に座って、額を寄せて話をすることもないんだな」
を思いだして、じんわりはしました。上記の二つのセリフ、好きなんだよなあ…。

いやしかし。
それよりなにより、終盤もっとも何度も心に思ったことといえば

ネオプトレモス腹たつわー

です。
身の程知らずな若造ですよ。
テティスに育てられて人間らしさが少ないというかね。教育は大切ですよね。
現代社会なら確実に「この人、サイコパスです」と診断されちゃいそうな酷薄さです。
別にわたくし、もともとオレステス派だし、ネオプトレモスが悪しざまに描かれている点には
全く不満はないのですが、終盤になるともうすっかりパトロクロスに共感しまくっちゃってて
パトロクロスがネオプトレモスに感じている反感とか怒りがそのまま移っちゃってさ。
ほんまあいつ、教育的往復ビンタでも食らわさんと気がすまんで!くらいに腹を立てていたので
奴の末路には溜飲が下がりました。
あいつの死にざまバラエティ豊富だからな!どれでも好きなのをお選びなさーい☆
後、最後のオデュッセウスの台詞には、不意をつかれたよ畜生めが!最後の最後にありがとう!

しかし、結局最後までこの作者の書きっぷりには割と共感するなあと思ってたのですが、
考えたら、きちんと原作に対するリスペクトが感じられるのが、好印象だったのかもしれません。
ものすごい読みやすかったです。
ホメロス信者ですみません。信者ゆえ、ホメロスの比重が高い方がわたしは読みやすいんじゃよ。
おまけに、あとがき読んだら作品に対する姿勢にもわたし共感出来ちゃいました。
つねづね、(他の人がどのエピソードをチョイスしてもそれは全然かまわないんですよ、
これは自分に関して、だけなんだけども)現存する文書資料のうち一番古いのがホメロスなんだから、
他のは全部大体後世の付け足しとかやん。同じ場面で違うエピソードが使用されてる場合
ホメロスの方が信憑性が高いというか、オリジナル性が高いよなと。
(まあ、わたし、ホメロスファンでもあるし、そもそもサイトがホメロス中心サイトなんで
そりゃ他の伝承とかぶった場合相当の萌がない限りホメロスの方に従いますけども。)
この著者もそんなようなことを書いていて、他の伝承でこう伝わってるけど
ホメロスではこうなんで、そっちを採用したよ、とかあって、

分かるわー!!


と強烈に思ってしまったのでありました。

あー、ディオメデスの話とか書いてくれんかな。
(この方のディオメデスが超かっこよかったので♪)


福の神と貧乏神 (ちくま文庫)

小松 和彦 / 筑摩書房

スコア:


小松和彦著『福の神と貧乏神』読了。
日本の福神についてまとめた小著ですが、なかなか面白いです。
そもそもの、一番初めの、「福」という言葉の説明が面白かった!
ので、メモっときます。
日本語の幸せ(しあわせ)って、もともと「仕合わせ」とも表記されていたように、
物事が一致すること、巡り合わせ、そのものを示す言葉で、その巡り合わせが
良いか悪いかは関係なかったと。
おみくじの仕合わせよし、仕合わせわろし、なんかはその古い使用例だそうで。
それが、いつのまにか、「しあわせ」が、良い方の巡り合わせの事飲みを指すようになったんですって。
しかも、その結果としての幸福は個人の努力の結果ではなく、
巡り合わせが良かった=運が良かった、という風に
外部の力でそうなった、という意味合いが強かったらしい。
仕合わせが、幸せと表記されるようになったのは、幸い(さいわい)、と同義の言葉と考えられたから。
幸い、は古くは「さきわい」、と言って、花が咲くの、「さく」とか、
栄える、とか、盛り、とかの「さか」という語幹と、
にぎわい、とか、わざわい、とか、辺りに這うように広がることを示す「わい」という言葉がくっついたもので、
栄えが広がるの意。なんだって、へー。
そういえば、わたしの好きな小説、チャールズ・デ・リンドの『ジャッキー、巨人を退治する』で、
妖精たちのことを「さきわいの民」と表現してあったけど、
幸せな人々ってことだったのかー、と、今更納得しました。

幸いの説明はともかく、貧乏神のビジュアルとか性質の変遷とか、
福の神がどうやって人々に福をもたらすかとか、
民間伝承における発現の仕方とか
(以外と福の神は薄情というか、貧乏人を富ませてはくれない。すでに金持ってる家にやってきて騒ぐだけ)
そんなのが面白かったです。


レストア: オルゴール修復師・雪永鋼の事件簿 (光文社文庫)

太田 忠司 / 光文社

スコア:


太田忠司著『レストア』読了。
オルゴール修復師が探偵役の珍しい推理物。
借りたので読みました。
今回はオカルトは無しだった。(まずそこかい!)
この主人公、仮性じゃなく、本気で深刻な鬱をわずらってて、
あんまり人とはかかわり合いたくないんですが、謎が気になって結局関わってしまうんですよね。
ミステリー部分は主人公のなんとか社会でやっていこうというあがきの中の一環みたいな位置づけて、
なかなか面白かったです。
主人公がすぐにくじけそうになるので、読者はいらんとこでハラハラさせられ、
その分あんまりスカッとはしませんが。


人類の進化: 拡散と絶滅の歴史を探る (サイエンス・パレット)

Bernard Wood / 丸善出版

スコア:


『人類の進化: 拡散と絶滅の歴史を探る 』読了。
面白いよ。まずは学問としての成り立ちから説明してあります。
人類についての学問にはこういう歴史があって、
人間の進化と拡散というのはこういう流れで研究されてきて、
この分野とこの分野とそのほかにもこの分野の学問から成果を
抽出して総合的に判断するんだよとか、割と丁寧に書いてありました。
やっぱ。近年の分子遺伝学の発達でだいぶ解明が進んだらしいね。
欧米と日本の自然人類学における系統分類の呼び名が違うので、
訳者の方が苦心されていましたが、分かりやすかったですよ。
学者の中にも、なるべく細かく分類したい人と大まかにまとめてしまいたい人と二種類居るのだな、とか、
ヨーロッパ中心主義がまかりとおっていたのだなとか。
本筋以外のところにもふーん、と思ったり。
しかし、それよりなにより印象に残ったことが二つ。
一つ目は、別系統の直接の祖先ではないと思っていたネアンデルタール人とかその他の人類と、
今生きている系統の人類に僅かだけど遺伝子的な交流があったらしいこと。
もう一つは、東南アジアのとある島に1万8千年前までホモ・フロレンシウスという
現世人類とは別種の人が生息していたという事実です。
孤立した島だから外の世界とは交流はなかったかもしれないけど、
現世人類と平行してそんな最近まで別系統の人間が生きて暮らしてたんだ!!
と思うと感激しました。
ネアンデルタール人とヨーロッパあたりにすんでたホモ・サピエンスもしばらくは共存してたみたいだけど、
それも4万年くらい前の話だし。
で、妹に意気込んで言うと、「一万八千年前は[最近]と違う」とばっさり断言されて
しまいました。いや、そうなんだけどさ…。



この後5冊くらい読んだけど大概もう長いので次に回します。
[PR]
by mi-narai | 2014-04-20 23:25 | 2014年上半期の読書

『アキレウスの歌』

アキレウスの歌

マデリン ミラー / 早川書房

スコア:



マデリン・ミラー著『アキレウスの歌』読み始めました。
いや、本屋に行って他の本の検索かけてて偶然タイトルが目にとまって、
棚に言って現物見て、帯見て、中パラパラ見て、アキレウスとかパトロクロスとか
馴染のある名前が目に飛び込んできて、おまけにオデュッセウスとかディオメデスとか書いてあって

即買いしました。

で、途中なんですけど、書いちゃいます。
どうしちゃったのハヤカワさん、第4段。
しかし、これは責めてるんじゃないですよ。

出版してくれて、ありがとう…!!!

いや、今半分くらいまで読んだけど、面白いよ、これ!
結末まで読んだらまた評価も変わるかもしれないけど、今のところ、100点満点で120点くらい。
大筋は、『パトロクロスの目から見たアキレウス』、です。
幼少時代のパトロクロスから始まって、アキレウスとの出会い、二人ですごした少年時代、
育まれる友情、ケイロンのもとでの穏やかな生活、戦が起こって、
スキュロスにアキレウスが隠されて、オデュッセウスとディオメデスが見破りに来て、
テティスの口から運命が明かされ、従軍を決意して(中略)、今トロイアの浜で野営中。
和平交渉に行ったメネラオスとオデュッセウスが帰ってきたとこ。

なんというか、眉をひそめる感じでこれ、違う、と感じる箇所がほとんどありません。
奇跡!
ネット風に言うなら

「違和感、仕事しろ!」

普段自分が頭の中で思い描いてる感じ、ほぼそのままのアキレウスとパトロクロスで
なんか、すんなり話に入れちゃったというか。
ああ、知ってる知ってる、そうやんな、と思いながら読み進んじゃったというか。
既に知っている地元のあるあるを本で読んでる感じですよ。
雨が降ったら山から水蒸気がものすごい立ってるとか(あれ、なんでなんでしょう)
自転車乗ったら死ねるレベルの坂が続くので、地元民は電動派が多いらしいとか、
駅周辺にやたらパン屋とケーキ屋が多くて一体この辺りの店はやっていけてんのか訝しいとか
レオニダス、ロールケーキ始めよったとか、
そんな「あー、あれね」と頷いちゃうようなローカルネタを読んでるような親近感です。
大体、わたしのトロイア戦争に登場する英雄たちに対するイメージって、
めちゃくちゃホメロス準拠なんですけど(あんまりひねらずに、素直に受けたイメージそのまんま
なんですけど)、てことは、この作者も同じようなイメージだったちゅうことかしら

でっすよねー!!

ホメロス読んだらあんな感じですよね!!
などと一人悦ってしまいました。
後、本のはじめの辺りの幼いアキレウスとパトロクロスのくだりは、
サトクリフの男の子同士の友情の描き方をほうふつとさせ、それで読み慣れてる感じもあったのかもしれん。

以下、各登場人物について雑感
・アキレウスとパトロクロス
アキレウスは、わたし、筋肉もりもりじゃなくて、すらっとしてんのに、きれいな顔なのに
ものっそい強い、みたいな、戦国無双的な強さを想像してるんですが、
まさに、そんなアキレウス像。
半神だから、強くて、奇麗で、純粋で、だから汚い人間世界のひょんなことで壊されてしまいそうな
危うさがあって。そんな、わしが言葉で書いてもいまいちピンとこないアキレウス象を
ものっすごい魅力的に描き切ってあるから!説明する手間省けた!
パトロクロスは内省的で真面目な若者で、自分が人間でアキレウスが半神であることを自覚していて
アキレウスに憧れて、崇拝して、唯一無二の大事な人だと思っていて、
全身全霊で愛してるんです。心配もしている。
まあホメロスは二人は友人同士のつもりで叙事詩を歌ってると思うけど
この作品では若干友情の枠を踏み越えちゃってますけどね。
(腐女子の私には美味しい展開ですが、苦手な人は気をつけて。
でもまあ、濃い友情をこじらせた感万歳の触れあいなので、さほどえぐくはないですよ。
…うーん、しかし、自分がホモ慣れしちゃっててそう感じるのかもしらんし、よう分からん)
パトロクロス視点のこの物語をずっと読んでると、いつのまにか自分も
アキレウスのことを憧れの人で、焦がれる対象で、愛情たっぷりの目線で見てしまいます。
恐ろしい…
(いや、でもほんと、この本のアキレウスは清清しいよ!
九郎ちゃん(C・はるとき3)みたいですよ)


・オデュッセウスとディオメデスについて
オデュッセウスもまるきり違和感ない。
全国の少数精鋭の同志たち、
このオデュッセウスはいいオデュッセウスですよー!!

いやもう、ホメロスのオデュッセウス、って感じでニヤニヤしてしまいました。満悦。
多分、作者もこのイタケ人のこと好きだよね!分かってるよ!と勝手に
同志認定したくなっちゃうくらい。
でもって、たいていディオメデスとセットで出てきます。
ディオメデスの方は、ぶっきらぼうなアレスというか、
普段口数少ないくせにオデュッセウスには痛烈な皮肉を吐き、
オデュッセウスの方も分かってて丁丁発止のやり取りをしちゃうというか
二人だけで分かってるやり取りやっちゃってる感じがなんかもうたまらん。好きだ。
アキレウスとパトロクロスが付き合い始めたばかりの燃え上がってるカップルだとすれば
こっちは小学校の時からの腐れ縁でそれ以来30年組んでる漫才コンビ、みたいな。
で、また、オデュッセウスがぺネロぺイアにべた惚れで。すぐに惚気ようとするんですよ。
途中、初聴きのアキレウスたちに嬉しそうに馴初めを話そうとする場面が好き。
ディオメデスが、聞いてられるかあほらしい、みたいに立ち去っちゃうんです。
いわく、「これ以上聞かせたら、海に投げ落とす」
で、その去る背中に
「あほやなぁ、聞き損ねたら大損やでー」みたいなことを陽気に投げかけるイタケ人もイタケ人。
もう、この二人…。


・アガメムノン、アイアース
この二人は、一般イメージそのまんま、ちゅうか、あんまりどこでも揺らがないよね。
いつもの安定のおっさんたちです。


・メネラオス
今回、欧米作家にしては珍しくメネラオスが良い感じですよ!!
いや、でも、ホメロスではメネラオスっていいやつだもんな!!
割と男前で、陽気そうな。

・テティス
めっちゃ怖い。海のニンフというより、オレステスを追い回す復讐の女神たちみたい。
ニギ御霊というよりは、荒御霊、国津神みたいな存在です。
でも、テティスには別段思い入れないので割とどうでもいい。
確かに、神々って、不公平で恐ろしいものだよな、とは気付かされますし。



なんか、よんでて、この作者と萌ポイントが割とかぶってるんかもしらんな。
などと思い始めました。ちょう楽しいです。
このままの楽しい感じが最後まで続くことを祈りつつ、もうすぐ出てくるであろうヘクトール兄さんの
人物造形に期待します。
さー、続き読もう!



その後4分の3くらいまで読みました。
ブリセイス出てきたよ!ものすごいええ子やった。
今のところ、ヘクトール兄さんは伝聞で聞くくらいの遠い人です。
一貫してパトロクロス視点で語られるので、
彼にとって遠い人だったら、作中では出てこないんですよね。
でもって、パトロクロスはアキレウスが第一の人なんで
アガメムノンが例によって大変鼻につくおっさんにしあがっとります。
これはちょっと可哀相…(悪いやつじゃないんですよ)
後、ネストールが可愛くない。
その他はまったく不満はありません。
ただ、このまま物語が進むと後は悲劇へ一直線なので、結末を知ってるこっちとしては
色々物悲しくなってきました。
あんなに澄み切ってたアキレウスが、下界の毒に犯されてきた感が…
殺しすぎてもたんや…。
しかし、そうせねばならん理由が彼にはあって、もう色々切ない。
ヘクトール兄さんが登場する(予想)終盤に向けて
心構えして読み進もうと思います。

とりあえず、4分の3まで来ても
オデュッセウスとディオメデスはセット扱いで良い感じです。
二人で意外と野心満々なとこがイカす☆
[PR]
by mi-narai | 2014-04-11 23:17 | 2014年上半期の読書

ドはまり続行中&『きっと、うまくいく』

後一回だけエースコンバット話を続けさせてください。

『5』と並行して、『3D』をやり始めました。
というのも、妹が一時帰省中なんだけど、3DSも一緒に持って帰ってきたから!
『AceCombat』シリーズは、現実世界を舞台にしたものと、架空の世界を舞台にしたものが
あるんだけど、どうやら『3D』はこれまでやってきたシリーズにつらなる架空世界の物語
らしいからさ。(PSで出てた『2』のリメイクらしい)
勝手にコンピュータがバレルロールとかインメルマンターンして
敵の後ろについたり、ミサイル避けてくれる「アタック・エスケープマニューバ」という
システムが導入されてて、楽チンでいいんだけど、普通の操作がものっそいしづらい。
すぐにストールするし、なにより曲がりにくいんですよ…!!
実際の飛行機の操作ってこんなもんなんだろうけど、『X』『ZERO』『5』のスムーズ操作に
なれちゃってると、ものすごいやりづらい。

お話は、これまでの中で一番淡々としてるかなあ。
ベルカ戦争後のクーデターを鎮圧する側のパイロットとしてゲームをスタートして、
ストレートに鎮圧が完了したらクリア、みたいな。
けどその分敵が濃いです。敵エースたちがよう喋る。
コクーン隊のクイーンとか、結構好きです。
でもって、

AWACSが初顔出し…!(いかついおっさんです)

でもって遼機がオッサン…!!(みたまんまマッチョです)

濃いわ~…。

ミッション全体を通して、マニューバのおかげで大体楽ちんなので、
その分濃さを楽しめました。
しかし、一回だけ、発射されたミサイルおっかけて機銃で打ち落とせ言われたときは

無茶言うな…!!

と声に出してツッコんでしまいましたが。
毎回一カ所は詰まる場所が出るよなあ。
(ミッション成功出来ないかと思った。
ずるをして至近距離でSASM打ち込んでやった)
でもってトンネルも健在。今回は1発クリアできましたよ。
(そんなに長くなかった)


平行してプレイしている『5』ですが、
すげー面白くなってきた!!!
ドラマがありますよ!!
各所で評価高い理由がようやくわかってきました。
エスコンの中では『ZERO』が最高かと思ってましたが『5』もいい…!!
これはこれでいい!!先の展開がものすごい気になる!!!
登場人物のキャラがたっとる。仲間と飛んでる、という気になる。

…それはさておき。おっさんです。
おっさんが、わたしを洞窟へ誘い込もうとするんです。

で、たいてい洞窟で壁に当たって大破します。
これまたトータル4時間ほどは落ち続けました。
ナガセやグリムの「隊長が墜落」とか「ブレイズが墜落した」のセリフはもう聞きたない。
もういやや、もうトンネルはいやなんや(ガクガクブルブル)
(こないだなんか、なんもないところで墜落したから何かと思ってたら
後ろ飛んでたグリムの機体に追突されてたんスよ!?
おちおち減速もできやしねぇ…)
この後にシリーズ最難の呼び声高いハミルトンネルが控えているというのに
既にしてその前でくじけそうです。




翌日、続きからやろうと思って立ち上げたら、

3つ前の要塞攻略戦からスタートだった…!!

セーブポイントが前過ぎる…!!
とりあえず、うん、昨日よりは上手になってます。
でも、わたしはしがない社会人、あまり遅くまでやってるわけにもいかず
この日は4回くらい洞窟(ていうかアレ、鉱山跡か?)で躓いたのち
中断することにする。

その翌日、今日も時間無いし、たぶんまた墜ちるだろう、
でも毎日ちょっとでもさわっとかないと腕が鈍るしな、
と練習のつもりで3回ほど洞窟に挑戦しました。

3回目で通り抜けられましたーー!!!!

あまりの感激に、隣の部屋の妹に
「洞窟抜けたー!」
と報告に言ったほど(夜中に何やってるねん)。
翌日は一日「(わたし、洞窟抜けた!!)」と仕事中も嬉しかったです。


毎回このシリーズは後半になるほどアクロバティックな飛行を求められたり
無理無茶なミッションを用意されたりするんですが、5でもその傾向は顕著です。
でも、ミッションがバラエティに富んでるのはちょっと楽しい。難しいのには閉口するけどな。
今回も、谷間ミッションあり(グリムに対するいらいらが溜まりました。おのれグリム…)、
まさかの写真撮影ミッションあり…
いちいち何度もやり直す羽目になるのでナメクジのようなのろのろした進捗状況ながら
ようやく次はミッション24です。
話は佳境に入ってきて、ものすごい引き込まれますが、
この先ハミルトンネルが待ちかまえていると思うと、若干鬱ッティ…


あれから数ミッションこなし、有名な「イエス、ケストレル」も聞き、
とうとう来てしまいましたMISSION27

ハミル…トン…ネル…(かく、パタッ)

いや、トンネル自体はちょっと広めだし、明るいし、飛びやすいんだけど、後ろから迫るハミルトンがな…。
ちょっとでも遅いと容赦なくシャッターは閉まっていくし、挙げ句の果てにあの段違い平行棒!!
未だ、連敗中です。
平行棒さえ抜けることが出来るようになれば、あたし、行ける気がする…!
頑張ります!
しかし、トンネル部分だけやり直させてほしいところなんだけど、
その前からやり直しなのがメンドクサイ。トンネルINまでが長いからなあ…。
後、前方から来た味方機とすれ違うときは毎度ハラハラします。
ああ、あん時に奴がハミルトンを撃ち落としてさえくれれば…。


このまま永遠にクリアできないかに思われたハミルトンネルですが、
翌日、諸先輩方のアドバイスを胸に刻み、段違い平行棒はどちらも下をくぐる!と
心に決めて挑んだところ、

あっさり抜けれました…!!!

ひゃほー!!

セーブなしで次の面が続いてたので、
(ここで投げ出したらまたトンネル前からやん!)
根性で最後までプレイしきってやりました。
続きの面は、
一回はコースアウトし、一回はグラーバクを追い回すのに夢中になって海面に激突し、
一回は時間が足りなくなり、一回は落下物に当たり、二回破壊対象に正面衝突して、
ようやく7度目でクリアできました。
はー、やれやれ。
(早めにグラーバク隊を全滅させたら、対象物までの飛行中、グリムとナガセとスノーが
喋るのですね。ごめん、聞いてる余裕なかった…。)
その後はエンディング見て、最後の家族連れは誰だろうなあ、などと思いつつ、
感無量のクリアセーブへ。
ようやくこれでムービー解禁、1周目の金と機体を引き継いで2周目ができます。

これで手持ちのシリーズは全部やりきったことになるのですが、
せっかく操作に慣れたのをこのまま無駄にするのは惜しくて、
また『ZERO』を始めてみました。
初回は金になるイエローターゲットを狙う余裕がなくて必然的に「ナイト」エースに
なっちゃったけど、今度は「ソルジャー」あたり目指してみようかなと。
見れるムービーが違うらしいので。
後、単純にPIXY不足。

腕慣らしに『AceCombatX』も合間にプレイし続けてるんだけど、
とうとう噂の機体ファルケンを手に入れることができました。
中和剤散布ミッションには泣きましたが。
首都解放時に義勇軍と関わるミッションは面白かった。
あいつら、ノリノリやな。でもメゾン・ビーム押さえてくれたのは助かったよ!
最近ユジーン(※『X』の通信使Cruxの本名)がかわゆーて仕方ありません。
PIXYとどっちか選べと言われたら迷うくらい。(※言われません)
後、グリム。
『ZERO』で落とした機体の乗組員にGrimmという人がいて、
ひょっとして『5』のグリムの親戚かと思ってしまいました。軍人一家か。



きっと、うまくいく [Blu-ray]

Happinet(SB)(D)

スコア:


『きっと、うまくいく』

インド映画です。
コメディです。安定の3時間です。途中でトイレ休憩を挟みます。
勿論歌って踊るよ!

ネタバレは書いてないと思うけど、念のため続きは折りますよ。

3IDIOTS
[PR]
by mi-narai | 2014-04-08 22:53 | その他