<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『ハナシはつきぬ』 『古代世界の超技術』 『氷の娘』

もうちょっとだけゲームの話
2/27までのつなぎとして、以前買ったまま置いておいた『AceCombatX』をやりかけたんですが、

神様!グレイプニルが撃破できません…!!

10回くらい手を変え品を変えトライしてみたんだけどどうしても打ち破れず、
仕方ないから難易度を下げて最初からやり直し中。くっそー!!
しかし、難易度をEASYにしたら、ミサイル78発も積んでますよ!!
NORMALが54発位しか積んでなくて、照準合わせるのが苦手なへっぽこパイロットのわたしは
よく弾切れになってたので、これはありがたい。
これでTARGET以外の爆撃機とかも撃ち落とせますよ!!
今度こそ頑張る…!



こないだ本屋に行ったらば、
わたしがホメロス入門編として最適だと思ってる良著、
バーバラ・レオニ・ピカード作
『ホメーロスのイーリアス物語』と
『ホメーロスのオデュッセイアー物語』が
文庫化してました!!

ホメーロスの イーリアス物語 (岩波少年文庫)

バーバラ・レオニ・ピカード / 岩波書店

スコア:


ホメーロスの オデュッセイア物語(上) (岩波少年文庫)

バーバラ・レオニ・ピカード / 岩波書店

スコア:


ホメーロスの オデュッセイア物語(下) (岩波少年文庫)

バーバラ・レオニ・ピカード / 岩波書店

スコア:


イーリアスとオデュッセイアー始まってた…!
いや、これ、ほんとオススメだから!
児童向けだから分かりやすいし、かといって大人が読んで物足りないわけではなく、
原作からの改編があまりない(※ここ重要)ので、
まさに、ざっくり原作の雰囲気を掴むにはうってつけなんです。
アキレウスが清廉だし。原作いきなり読むよりはちょっとだけアキレウスに同情できる作り。
オデュッセウスはちょっと真面目すぎますが。
(お茶目さが足りん。イドメネウスと二人、おっさんコンビです)
サトクリフの文庫化に続き、これも文庫化とは!
ありがとう、岩波さん!!
アルフレッド王の戦いもお願いしますよ。


カンナ 吉野の暗闘 (講談社文庫)

高田 崇史 / 講談社

スコア:


高田崇著『カンナ』
借りたので読みました。
同作者の他シリーズの押し付けがましい探偵役に比べ、
この主人公はまだおバカ度が高い分、かわいいなあ、と微笑ましい気持ちで眺めてられます。
今回は役小角の話。
だいたい毎回この作者の言い分は胡散臭いので、
(百人一首辺りは面白かったのになあ)
説明部分は耳半分で読みとばしました。


ハナシはつきぬ! 笑酔亭梅寿謎解噺 5 (笑酔亭梅寿謎解噺) (集英社文庫)

田中 啓文 / 集英社

スコア:


田中啓文著『ハナシはつきぬ』読了。
ずーっと文庫化するのを待ってた一冊。
シリーズ最終巻だそうで。
一気に読みました。
相変わらずの怒涛の落語小説ですよ。
師匠の暴力っぷりも相変わらず。
竜二は若干脳みそ筋肉寄りのおバカさんだし、師匠は酒飲みのクソ爺だし、
アクの強い主張の激しい落語家ばかり出てきて、どたばたと忙しなく話は展開するのですが、

それでも最後にほろりと来てしまうという、ね…。

竜二も梅寿師匠も、落語が好きで、その一点でどうしようもなくつながってて、
あんまし麗しくはないけど気持ちのいいスカッとするような師弟愛があるんですよ。
このシリーズ好きだなあ。
本当に、お笑いが、見たくて仕方なくなっちゃいます。
一発芸も悪くないけど、それよりもっと長い、漫才とか落語が。
ていうか、リアルに梅寿師匠の落語が聴いてみたい!!!
大体、泣かせるよりも笑わせる方が難しいんですよね。
天然でなく意図的に面白い人っていうのは、すごい人なんやで!


古代世界の超技術 (ブルーバックス)

志村 史夫 / 講談社

スコア:


志村 史夫著『古代世界の超技術』読了。
なぜブルーバックスからこんな本が…
と思いましたが、書いているのが物理学系の学者先生だからなのですね。
遺跡なんかで残っている、機械がなかった頃に作られたとは信じられない
大型建築物の建築方などを真面目に考察した一冊。
さらっと読めて、しかも最近の研究までちゃんと言及してあって、面白かったですよ!
ピラミッド、内部螺旋通路説もちゃんと載ってた。
一番心に残ったのはローマン・コンクリートとインカの石組みの項でした。
コストはともかく、手間を惜しまなければ、機械なんてなくても良い物づくりは出来るのだなあ…。
現代の社会だと、人件費もコストに含まれちゃうから、効率優先で
なかなか実現しないだろうことを考えると、なんか世知辛くなっちゃった…。


氷の娘 (創元推理文庫)

レーナ・レヘトライネン / 東京創元社

スコア:


レーナ・レヘトライネン著『氷の娘』読了。
前作『雪の女』に引き続き、マリア・カッリオシリーズ。
フィンランドミステリーです。
日本での発売は2冊目だけど、本国での発売は5冊目、かな。
今回は、フィギュアスケートの選手が殺されてます。
北国だもん、フィギュアは盛んですよね、フィンランドも。
でもって、被害者の日記がノート書きだったり(今なら確実にツイッターかブログ)、
次の長野には絶対出たい、みたいな記述があったり時代を感じさせます。
20年くらい前の話なんだなあ…。

ところで、外国人の書いた小説って、やっぱり、
日本人の書いた小説に比べて読むのに6倍くらいの時間がかかります。
けど、これって、単純に1ページの文字数が多いってのもありますよね。
行間も詰まってるし字も小さいし、絶対数倍の文字が詰まってる!

それはさておき内容です。
前作に引き続き、ミステリーとはいえトリックをあれこれ考える要素は背後に回され、
警察官である主人公と同じ目線で日々をすすめ、その日常や心境を味わう種類の小説だと思います。
主人公が気持ちのいい女性なので、それがむしろ面白いのですよ。
でも、そんな日常業務での聞き込みや捜査の中に事件の全容を掴むパーツがちりばめられていて、
いつの間にか全部のヒントは揃ってるんです。
最後の最後で勿論主人公は犯人にたどり着くのですが、その時の種あかしで
「あー!!あそこか!!気付かなかったー!!」
という気分になりました。
…てことは、結局ちゃんとしたミステリーなのか。
主人公の生活がリアルでノンフィクションっぽくて幻惑されるけど。

今回主人公は妊娠7ヶ月目なので、妊婦さんの大変さとか、
フィンランドの保健制度とか色々わかるのも面白い。


目白台サイドキック 魔女の吐息は紅い (角川文庫)

太田 忠司 / 角川書店

スコア:


太田忠司著『目白台サイドキック 魔女の吐息は赤い』
これまた借りたので読みました。
ほんとに!日本人作者の本はすぐ読めるな~!
この作者の推理物、なぜかちょっとだけオカルト色がはいるけど、
作者が期待してるほど色ものにはならず、
伝統的な日本の推理小説、みたいな雰囲気のままなのがちょっと面白い。
描写が淡々としててあっさり進む感じ。
今回、またもオチ(動機部分)が「おいおい待たんかい」という納得しづらいアレでしたが、
(そんな理由のためにわざわざあんな仕掛けを…お前、暇なんか…?)
…いやいや、日本の推理物にリアリティを求めてはいかんよな。
トリックとかアリバイとか、推理の手順とかをコネコネして思考するのを楽しむものだもんな。


多読
読んでたロマンス小説、大体先が読めたのと、日本語訳されてた同じ作者のロマンスが
くそつまらんかったのとで途中で読むのをやめました。
代わりに、昔に買った「アボンリーへの道」のノベライズの中の、
特に好きだった回「アレックに乾杯」を読み始めました。
ドラマ見たのが昔過ぎて細部を忘れてたのを、思い出してちょっと楽しい。
ああ、へティーの傍若無人さとか、フェリックスの食いしん坊加減とか
こんなだったなあ!
アレック叔父さんはとにかく素敵な大人だったんだ。
タイプ的にはヘパイストス。
[PR]
by mi-narai | 2014-02-23 15:46 | 2014年上半期の読書

ゲームネタ・続き

『下天の華』続き。
師匠攻略。
他の殿方に見向きもせず、修行に明け暮れていると、途中でフラグが発生する
主人公の忍術の師匠。
見た目がもうものすごい好みだったので楽しみに残しておきましたが、
なかなか楽しかったですョ。
大人の男で渋いし、ストイックな仕事人な割に情が深くて、
普通にかっこいいなあと思いながらプレイしてました。
燻し銀過ぎて、若いお嬢さん方にはスルーされそうですが。
で、この師匠、年上だし、幼い頃から主人公の面倒見てるしで、
なかなかその気になってくださらないんですが
(いや、教え子に手を出すのはいかんと思うので、むしろ正しい態度)
その分、主人公が積極的で、その点も目新しくて楽しかったです。
主人公は最初から師匠のことが大好きだし。
こっちから押していかないとすぐに去って行っちゃうので
他キャラのルートに比べて、主人公、各段に頑張ってました。
なので、最後の最後でようやく落ちてくださった時には
よっしゃー!主人公、よくやったなー!おめでとー!!!などと
画面のこっちで祝福ムードに。

ちなみにこのルートの最後の一枚絵が一番好きかも。


最後に秀吉ルートを攻略しました。
前述の師匠ルートと対極に位置するのが、秀吉ルートといえましょう。
何において対極かというと

主人公の積極性が。

そもそもが女好きでグイグイくる感じのキャラなので、
のっけから、秀吉さん、主人公に警戒されまくってます。
何言われても反感もたれてます。
常にマイナスからのスタート!
いちいち秀吉さんの言動にげんなりする主人公に、大笑いしてしまいました。

しかし、この秀吉さん、他のルートでも狂言回しとか、コメディ要員としてちょこちょこ出てきてて、
本編もこんな感じなのかな、専用イベントも9個ほどしかないし
(他の人は13個くらいある)、色物キャラなんだろうな、と予想してたんですが。
良い意味で裏切られました。
意外とコン・ゲームっぽい展開で、見習い大喜び!
それ以上に壺ったのが、秀吉さんのキャラ設定でした。

…ああ、いいよ、笑ってくれ。分かりやすいよな。
わたしは本当にこのタイプに弱い。
関西に生まれ育ったくせに、口下手で小心者で要領も頭の回転も悪く、おまけに面白くもないわたくし、
話し上手で頭が切れて要領のいい面白い人には本当に憧れがあって(芸人さんとか)。
おまけに、その面白い人が、実は頑張りやさんで情が深くて意外と大人だったりした日にゃ

惚れるしかないやろ!

とわたしは視聴者の皆さんに訴えたい。
しかし逆に言うと、ものっそい個人的なアレでわたしが好みなだけなので、
一番一般受けしないだろうな、と予想されるのも秀吉さんなのであります。
わたしはその裏に半端ない対人スキルの存在を感じて関心するけど、
普通の人はあのしゃべりウザいと思うだろうし。
(バラエティーの芸人さんと同じですよ。
司会やってる三枚目芸人が上手にゲストの話まわしたりフォロー入れたりするのに感心し、
ゲストで出た時にはいかに上手に話をするかにときめくより、
イケメン俳優にときめくよね、普通の女の子なら。)
せやけど、あんだけ主人公から冷たいこと言われながら、
うまいこと相手を傷つけず、場を盛り下げず、笑いに転化して話を終えるなんて
並みの才能じゃないですよ!受け流し技能すげえぇぇぇ!!
わたしもこんな大人になりたいものです。(まだまだ修行が足りません)
なので、師匠篇とは逆に、秀吉篇は、秀吉さんに肩入れしてプレイしてしまいました。
なのでとうとう最後に主人公が秀吉さんの美点を認めるに至ったときには
やったな、秀吉さん!!美人の嫁さんゲットじゃないか、この幸せ者めー!
などと心の中で祝杯を挙げてしまいました。
あー、楽しかった。
好みでない光秀ですが、秀吉ルートでの光秀は割りと好印象だったし。
後、皆がスルーする信行さんに対して、秀吉さんの態度が一番納得できた。


一通りクリアしたので、最後はコーエー時代物ネオロマンス恒例の
大団円エンドを拾って、プレイ終了。
早く2/27にならないかなー!(ファンディスクの発売日なのです)
[PR]
by mi-narai | 2014-02-09 14:40 | その他

ちょこっとゲームネタ

「ゲームメモ」に格納する前に叫ばせてください。

『下天の華』
コーエーさんが、信長の野望30周年を祝って出した
信長さん関連の乙女ゲー。
もともとコーエーさんの乙女ゲーは丁寧な作りで好きなんですが
(後、Vitaminシリーズと。あれは笑える)
それに加えて、いろんなとこのレビューで
「ストーリーに破たんがない」「恋愛過程が丁寧(プレイヤーが置いてけぼりにならない)」
「若干物足りないくらいの量で社会人が周回するには最適なつくり」とか
気になる感じに褒めてあったので。
買ってみた。
やってみた。

まー、大体ワタクシ好みのタイプは後に残しとく派なので
(先にクリアしちゃうと、モチベーションが途切れるので。
一見まったく好みじゃなくてもやってみたら意外といけた、ってのが多々あるからさ)
まずは一番年齢低かった蘭丸から攻略してみた。
クリア。
クリア時間は短かったけど、最中何度


甘ずっぺーーーーーー!!!!


と心の中で絶叫したことか。
いいですよ。いい感じですよ、このゲーム。
過激描写は全くないのに、なにこの胸キュンな感じは。
これぞ王道!というつくりです。流石老舗乙女ゲーメーカー。
また蘭丸が一般イメージよりだいぶ真面目でお固くて朴訥な感じで、
これまた思いのほか好みだったのも大きいかと。
主人公も真面目な仕事人タイプなのでモダモダ感が半端ない
「わたしは、あなたに多くの嬉しい気持ちをいただいております(もじもじ)」
「そんな、わたしの方が(もじもじ)」
みたいな、こっぱずかしいやり取りが随所に。
なので、脇でそれを眺めながら一番共感したのは、
常に

「お前ら、何してんのもう、見てるこっちが恥ずかしいわ!」

とツッコまずにはいられない秀吉でした。
分かる。分かるぞ秀吉。なんなのよあの中学生バカップルは。
初々しいにもほどがある。

他のレビュアーの皆さんも仰ってるとおり、
さすがコーエーさんです、バランス感覚が素晴らしい。
わたし、あんまり文章で説明してくる乙女ゲー好きじゃないんですよ。
(『緋色の欠○』のトラウマ…。あれはきつかった…)
その点、コーエーさんは、誤字脱字のない読みやすい無駄のない文章、
良い仕事してます。
しかも、伝統の「親密度によって同じ質問でも相手の答えが変わってくる」という
技を織り込んできてます。これは久しぶりに『ジル・オール』を思い出した…。
絵も、一般的な乙女ゲーのきらっきらした少女マンガ的な
総ジャニーズ系、みたいなアレがいまいち得意でない私、
(華奢すぎるし目がでかすぎる。なよっちい外見のくせにかっこつけたこととか
言いだした日には…)
このくらいガツガツ筋肉付いてる方がいいです。
特に秀吉の上腕二頭筋は反則ですよ!触りたい!!!

とりあえず、想像以上に蘭丸が良かったので、他の攻略キャラにも期待したい。
好みじゃない順に
光秀(裏がありそうな二枚目)
→信行(小悪党ポジ)
→信長(そんな好みじゃないけど『信長の野望』30周年で作られたからには力入ってんだろ)
→家康(ほわ~っとした感じが可愛い)
→師匠(見た目が超好み)
→秀吉(3枚目ポジション。一番手を抜かれてそうなので気の毒)
と攻略予定をたててみた。自分の好みの傾向が大変わかりやすくて笑ってしまいます。



数日後、光秀クリア。


あー、やっぱ思ったとおり好みではなかった。
いや、かっこつけが苦手なわたしが好みでないというだけで、
若いお嬢さん方に強烈に訴えるのは、光秀さんだと思います
自分が有能過ぎて他人に冷淡で、若干傲慢でドSとかね。
要するに、精神的に幼い迷惑な人だと思うんですが、イケメン無罪なんだろうなあ
お嬢さん方はみんな騙されておる。
タイプ的には『ジル・オール』のレ兄さんとか、はる時3の弁慶と同じカテゴリーだと思うんだけど、
レ兄さんは、片思いの相手に振られまくったり、どうしてもかなわない相手がいたり
まだ可愛げがあったからな。ちなみに弁慶はやっぱり好みじゃなかった。

けどまあ、そんな風に好みじゃないにも関わらず、光秀さん攻略、意外と良かったんだ…。
そこがこのゲームの恐ろしいところです。
はる時4の某柊さんの時はイライラの方が上回っておったのですが、
みっちゃんはまだ許容範囲内なんですよ。
ホームズさんみたいに、この人もともと変わった人やねん、と最初から
分かっていて臨めば大丈夫。
(やたらと思わせぶりなのには閉口したけどな。)



更に数日後、信行クリア。
最初は、同じ腹黒でも、信行様タイプの方が好きだなあとか思いながら
やってたんですが、ルートに乗ってから、どんどんかわいそくなってきてさ。
普通に優しいいい人ですよ、この人。
ちょっと真面目すぎただけですよ。
蘭丸ルートが甘酸っぱかったとすれば、
信行ルートはもうひたすら切なかった。
はる時3譲ルートやジル・オールツェラシェルルートを全力で楽しめた方は
信行ルートも大丈夫だと思います。
でもって、光秀貴様なにかましてくれてんねんこのぼけが!という気になります。
生きろ!
(プレイしながら、信行さんには主人公がついてるから大丈夫よ、がんばれ!
などと、おかんのように思ってしまいました)


現在、信長様攻略中。

男前やわぁ!!!

もう、様を必ず付けてお呼びせねば無礼にあたる、などと素で思ってしまうほどの
カリスマっぷり。
アテナ様やハーディ様に匹敵しますよ。
もともと史実の信長はあんま好きじゃないんですが、流石今回ゲームの肝入り、
スチルもエピソードも凝ってるし、他意のないまっすぐなご気性が大変気持ち良く描かれてます。
男っぽさにいやおうなく持ってかれる感じです。

多分、ゼウスに口説かれたらこんな感じですよ。

むしろ相手の女の子が真面目すぎて心配になるくらい。
もっとヘラ様くらい濃い感じのヒロインでないと!


その二日後、家康クリア。
かわいかったよ~~!!!
裏も何もなくほんっとにほんわか優しい男の子でしたよ。
個人的にはもうちょっと情けないくらいでもいいんですが、
あれはあれでグッと来る。
いや~、裏切りとか二心を心配しなくて良い相手ってのは
良いよね!
しかし、どうみても髪型が、両分けのインディアンの様にしか…

以下、今日届いたアンソロの衝撃

畳むぜ。
[PR]
by mi-narai | 2014-02-01 20:17 | その他