<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『生きる力、死ぬ能力』 『ローマ人の世界 社会と生活』他

生きる力、死ぬ能力 (シリーズ生きる思想)

池田 清彦 / 弘文堂

スコア:


池田清彦『生きる力、死ぬ能力』読了。
一瞬哲学の本か何かかと思わせるタイトルですが、一応理系の本です。
著者の池田清彦というのは「構造主義生物学」というのを立ち上げた理工学部の教授で、
ネオダーウィニズムに疑問を投げかけてる人らしい。
でも、この本は一般向けに噛み砕いていろいろと書いてあるので
ワタシのようなお馬鹿さんでも理解できる仕様になってます。
以下、これまた以前に読みすぎて記憶がうろなので強烈に覚えていることだけ
ピックアップ。

・大体はタイトルのとおり、進化の過程で「死」という能力を獲得した生物が
どう変化してきたか、という大筋です。
最初の取っ掛かりは、「死」に対する認識の話。
宗教の必要性に関する池田先生の意見はまさに普段ワタクシが考えていたとおりでした(握り拳)!
そうやんなあ!

・ちなみに、細胞として生きているのは卵子で、男性の提出する精子からは情報だけしか
次世代へ受け継がれないらしい。
つまり、「生」という状態を残せるのは女性だけなのです。
マジっスか。男は遺伝子を攪拌して様々な子孫を残すための道具ってわけっスか!!

…なんと過激な……
(※池田先生はそういう意図はもっておられません)

→しかし、その話を聞いて、太古の女系継承がいきなり真に迫ってきた感を受けたのは
わたしだけではないはず!
大昔、螺旋だと考えられていた大女神の力とDNAの螺旋とか、
…なんか、ぐるっとひとまわりして最初のところに立ち返った感じですね!

・セックスすると死ぬ?
いや、とりあえず、子孫を残すための仕事を終えると死ぬオス(※ここ重要。メスは死なない)が
多いという話が出てたので。
生と死ならぬ、性と死、ですねははははー
(これは、性交で若返る例もあるらしいので一概に言えませんが)
もうほんと、理系の本読んでるのに、ちょっと前に読んだ女神の本が後をひくひく。

・死ぬという能力を手に入れて大きく複雑な生物に進化した?
単純な生物の場合は死ぬ仕組みがないらしい。テロメアがないんだってさ。
同じ遺伝子で同じ性質で分裂して増えるわけです。
そういう生物は老化しないから、不慮の事故でない限り延々増えます。
増えて、よしんば環境が変わっても、そういう単純な生物はわりとアバウトで
そうそう全滅しないから別にかまわないらしい。
しかし、複雑になって環境によりマッチしてしまうと、その環境が変わると全滅してしまうのです
→いろいろな要素をもつ子孫を作る必要性が出てくる。
(=遺伝子を混ぜ合わせるという意味でのセックスの必要性)

また、複雑になるためには、誕生前、体を形作る段階で、細胞を一部「死」という能力で
意図的に殺して細かい調整を施す必要もあるらしい
→「死」は複雑な生物の宿命。
でも、複雑な生物だからこそ「死」を恐ろしいと感じることが出来てしまう辺り、皮肉だなあ…

などなど、思いました。

わたしは、未だにソシュールを読んだことがないのですが、
構造主義生物学を説明する段でソシュールのことにも触れてあって、
「…難解と言われるソシュールも、この説明ならわかるかも知らん!!」
と思いました!
後、ミトコンドリアの話が面白かった。
栄養にしてやろうと食べた相手が腹の中で生き残っちゃって、
うまいことお互いの利益がかみ合ったので共生関係発生
→真核生物の誕生!
だなんて、すごいな!ものすごい偶然の賜物じゃないっすか!
ドラマチックなものを感じてしまいました。
(もちろん、別の説もあるようなのですが、この説が面白かった)


ローマ人の世界―社会と生活 (1985年)

長谷川 博隆 / 筑摩書房

スコア:


長谷川博隆著『ローマ人の世界 社会と生活』読み始める。
これまた返却期限の迫った図書館本、今鬼のように読んでます。

数日後、読了。
長谷川先生って、バリバリ現役の方かと勝手に思ってましたが、意外とお年を召した方なのね…
色んなところに発表なさった論文を集めた本のようなのですが、
その発表年代が大体1970年代から1990年代でサ。
いや、でも、面白かったっスよ!
ローマの町の様子とか、職人の生活とか、牧人の社会的位置とか
そんなものをニマニマしつつ読みましたとも!
特に、商人の世界が楽しかった…。
小売商だけじゃなくて、ものすごく大規模に金を動かしてる大商人
(これは大体騎士階級が担ってたらしい)なども当時既にいたのですね!
そらもう、メルクリさんの本領発揮っスよ!
質実剛健を旨とするローマ人社会で、昔かたぎのローマ人にさげすまれながらも、
金と権力を駆使して暗躍するとイイっスよ!(花開く色々な妄想)

ソレとは別に、何故か中間部分に長谷川先生の旅日記的なものが挿入されてて、
(主に色んな遺跡に行った話など)
そこで語られる往時のギリシア人の人懐っこさが大変印象的でした!
他の土地(地中海東岸とか、アフリカ北岸とか)だと、ものすごい白い目で見られた長谷川先生も、
ギリシアではすぐに人の環に引き込まれ、親身にもてなしてもらったそうな。
たしかに神話では旅人をもてなす伝統があるように見えるけど、ちょっと前までそうだったんだなあ。
この風習って今もそうなんでしょうか…


高橋哲雄著『アイルランド歴史紀行』まだ途中。
歴史の流れそのものじゃなく、いろいろアイルランドの歴史と関り深い人や
事件、旅した時の印象と絡めて、アイルランドそのものを浮き彫りにする
手法で描かれてるんですが…

なんか、自分の中でアイルランドに関するイメージが随分変わりました…

…意外に、グダグダっすよ、歴史の中のアイルランド人…。
熱しやすくて情熱的で行動派だけど

詰めが甘い!!

あんまり効率とか先の事とか考えずにやり始めたんじゃないの?
と疑わざるを得ない事件や事物が山盛り沢山ですよ。
や、個人的にはそういううっかりしたところ、大好きですが!
(人間、隙がないとかわいくないじゃないですか。)

とりあえず、あと3分の1くらいなので張り切って読みきります!



『新三銃士』
見ようと思って録画したはずが、3日分しか取れてねえよ!!
デュマ先生、ごめんなさい!
でもロシュフォールの声ちょっと好みー…


『相棒』のピルイーターの人
や、新シーズンが始まるに当たって、番選のために相棒メンバーが某バラエティーに出てたんですけどね。
それを見ていた妹とわたし、例のピルイーターの人が、回答時、急に照れたような笑顔になった瞬間同時に
「いやーん、うそー、めっちゃかわいいやん!!」
(振り切れるMOEメーター)
などと盛り上がってしまったのです。
役柄的に普段むっつりしてることが多いんですが、笑顔が思いのほか可愛かったのですよー!!!

…最近妹との好みの一致具合が激しくて怖い…

(実生活では全然違うのになあ…)
でも、それで勢いづいてピルイーターの人のサイトを見に行ったのですが
そこに載ってる本人にはそんなにときめかなかった…。
単に役柄萌えだったようです。ていうか、

そこまでオールバックと眼鏡が好きなのか、わたし…?

(勿論好きに決まっとるわい)
[PR]
by mi-narai | 2009-10-26 00:19 | 2009年10月の読書

コー●ーさんのアホー!!!

『TRINITY Zill O'll Zero』

この冬発売ってマジっスか!!!

ωフォース開発って、アクションっスか!!!!

(※どうも、インフィニットのちょっと前の魔王バロルの時代の話らしいっスよ。
主人公達は新キャラでしたが、ならばネメア様やらゼネテス兄貴、
そしてそしてエリス様の若い頃などが見れると言うのか!?
気になるツェラ公の出番は…!?)

本気でPS3買ってまうやないか…(がくり)


はるとき3の運命の迷宮愛蔵版は買わんがな!ちくしょうめ!
[PR]
by mi-narai | 2009-10-24 21:58 | その他

はくつ~る~

またも怠慢を重ねているうちにネタが溜まってしまったので2回に分けます。

まずは、近所の店で見つけたびっくりな日本酒。。
c0155585_219430.jpg


何ですかこの缶のでかさ!となりの紙パックは通常の1㍑入りのものです。

…やるな、菊水…



白鶴美術館&トルコ料理のコラボ

先週の日曜日、白鶴美術館に行ってきました。(証拠写真)

c0155585_21104653.jpg



昼から「イスラム美術と日本美術 美的感性の類似性」というテーマで講演があるって聞いたからさ。
講演の内容や先生がイスタンブル大学で長年学ばれた権威だというのは良かったんですが、
…なんというか、説明下手な方で…
(ていうか、こんな地方の、対してギャラがでそうもない美術館の講演程度に、
あまり準備をされてこなかったのかも…)
迂闊なことに何度か寝そうになりました(激白)。
でも、イスラム美術のスライドを眺めるのは素直に楽しかったです!
再三言うように、こまかくて精巧な模様がみっしり描かれてんのって好きなんですよ!
イスラム美術の色合いも好きだ!

ちょっと前、アールヌーボーの邸宅に一目惚れしたワタクシですが、
よく考えたらイスラムのモスクだとか幾何学模様には学生のころから一目惚れしてるもんね!!
イイっすよ!!あの美しさは「絶頂さえ感じる」(C・ヘル寝具)っすよ!
講演タイトルがいくら「類似性」だろうと、あんまりソレは実感できないんですが、
とはいえ、西洋美術と日本美術を考えると、さすがにイスラム美術の方がちょっとは近い気がするなあ。


その後、新館の絨毯展示をひやかしたのち(コーカサスの絨毯のカワユらしさにも眦が下がりましたが
個人的な好みとしてはペルシャやインドの繊細な模様が一面に繰り広げられた豪華絢爛な絵柄がイチオシ)、
トルコ料理の店へレッツチャレンジ!
(いやあ、K戸、イイ町です♪O阪K都などの大都会まで出なくても大体この町で必要なものは事足りるもん。
わたくしのような近隣に住まう田舎者にとっちゃ箱庭のようなこの町の規模くらいがちょうどイイっすよ…
(あんまり広いと迷う。首都に行く時はいつも決死の覚悟なのである)
ギリシャ料理の店もトルコ料理の店もあるしな!)

わたくしも大概味音痴ですが、毎度わたくしのトンチキなお誘いに快く付き合ってくださる某お友達も、
あまり好き嫌いのない方なので、
二人とも新たな店にポンと入って全く何の問題もないのです。ビバ!
香辛料もハーブもどんとこーい☆

以下、食したトルコ料理。
トルコ料理にはほとんど知識がないわたくしたち、正式に何と何を頼めばいいのかも分からず、
とりあえず前菜4種盛と(↓手前のペラい何かはピタパンです)
c0155585_21183359.jpg


ヨーグルトの海に浸かった焼き肉(料理名忘れた)と
c0155585_21191521.jpg


貴婦人のキョフテ
c0155585_21193715.jpg


を頼んでみた。
まだ夜も早かったのでラクはやめておいたんだぜ!(=ウーゾと似たような蒸留酒。アニス臭い)
この後、デザートにドンドルマかバクラヴァに挑戦するはずだったのですが、
あまりのコテコテっぷりに3皿で120%満腹になって断念…
(うん、かつて帰国時関空のうどんの美味さに泣いた記憶をありありと思い出したよ…。
日本料理はやっぱりうめえよ~~(男泣き))

とはいえ、美味しかったんスよ!!
特に、冗談交じりで頼んだ2皿目のヨーグルト掛け焼肉!!
これが、思いもかけないおいしさだったのですよ!!!!

興味はあれど期待はない状態で一口口に入れた瞬間

「……おいしい」

わたくしの口から出たのはシンプルなこの一言でございました。
あれ?なんで?おいしいの??ヨーグルトだぜ????
自分の味覚が信じられずふた口み口と口にするにつれ増す幸福感!

「うそ、コレ美味しいやん!」

焼き肉の甘辛さにヨーグルトの濃厚なコクと酸味が素敵にマッチしてて絶品!
ちょっと感動しました…(でも期待しないで食べたからかもしれん)
貴婦人のキョフテも、材料からもっとハンバーグっぽいねっちょり系の肉料理かと思ってたら
てんぷら風衣に包まれたひき肉とコメと干し葡萄は口に入れた瞬間ほろほろとほどけ
これまたシンプルな味付けながら美味しかったのです…!!

是非また訪れて、二回目でも美味しいか試してこようと思います。
今度こそバクラヴァ食べるぞー!
[PR]
by mi-narai | 2009-10-24 21:24 | その他

『ギリシアローマ 古代知識人群像』 『作家的時評集2000-2007』、他

文章を書くのが面倒でサボり倒している間にそこそこ本が溜まってしまいました。
今度こそ簡潔に!手短に!メモいきます!

フレイザーの『金枝篇』(上)
だいぶ間が空いたので途中から読んでもさっぱり要領を得ず、また最初から読み直す。
…しかし、この本、面白いんですが、いろんな地域の色んなエピソードが次々と出てくるので、
イメージが積み重なりすぎてつい眠くなってしまいます(あほです☆)。
一つ一つ取り出せばちゃんと面白いのになあ……


ギリシアローマ 古代知識人群像 (同時代ライブラリー)

柳沼 重剛 / 岩波書店

スコア:


柳沼重剛先生の『ギリシアローマ 古代知識人群像』読了。
もう絶版になっちゃったものが図書館にあったので。
これまた随分前に読みすぎて記憶がウロ。
やっぱソクラテス好きだーー!と思ったのと、
古代ギリシアで30になってようやく一人前だ、と考えられていたことに
著しく共感したことくらいしかはっきり思い出せません…
ソクラテス大先生については、弁論の方法なんかは、言葉の不確実性を無視してて、
アホのワタシでさえ流石に「…それはどうかな、先生??」と思うものもないこともないし、
そもそも書いたのプラトン先生なので、あの辺りは別に萌えないです。
(むしろ、そんなにソクラテス大先生ラブなプラトン先生自身に萌える。
後、プラトン先生は、理想主義者でいらしたのだなあ、などとずれた事も思います)
それよりも、おそらく本来の大先生の姿と思われる、相手の価値観を揺さぶるやりかた自体に
大変共感致しますです。
あれ、やりたくなる気持ち、ものすごくよく分かる…。

30になって一人前、ってのは、いや、自分の実感として。
一応現在の日本の法律では20になったら大人ですが、
今思えばその頃のわしはまだまだ未熟じゃった…(今も未熟ですが)。

ともあれ、古代知識人についてというよりも、
それぞれの古代知識人について柳沼先生がどう思っているかについて(笑)
よく分かる本でした。
柳沼先生は概ね好意的な視線を向けてらっしゃいますが特にキケロの項の目線が面白いです!


間にロマンス小説1冊を挟む。
久々にロマンス小説読みました。
久々にスイーツ食べた時の美味しさに似ている…。


知人に貸したメリングの『妖精王の月』半分ほど流し読み。
あの本の妖精観がなんだか好きです。
わたしにミディールのイメージを植え付けた本。


作家的時評集2000-2007 (朝日文庫 た 51-1)

高村 薫 / 朝日新聞社

スコア:


高村薫の『作家的時評集2000-2007』読了。
職場の高村信者の知人が貸してくれました。
この人は、井坂信者でもあって、イマイチ趣味が合わなさそうだったので余り期待してなかったのですが、
この本は面白かったです。
2000年から2007年に新聞や雑誌に高村薫が書いた時評を集めたもの。

そういう場所に発表するものだから意識的に啓蒙的なことを書いてあるのだろうなあと推測できるので、
別に多少説教臭いのは気になりません。むしろ、真面目な姿勢には好感を持ちました。
時々話題の持っていき方がちょっと強引かなと思う部分もありましたが
選挙(投票行為)に対する意見と、元AB総理、元K泉総理に対する意見には

特に元K泉総理部分の酷評には!

大変共感いたしました!(もっと言うたれ!)

わたくし余り賢くないため、
『王政なら一般国民は国政を考えずに丸投げすればいいけど
その代わり王様の命令が絶対で決定権はない、
(王様が国民の福祉に積極的で有能な場合は幸せだが
無能で無慈悲な場合は目も当てられない…)、
民主制なら決定権が国民それぞれに与えられる代わりにそれぞれが自分で国政を考えなければならない』
というものすごく大雑把な把握しかしてないのですが
…民主制の国に生まれてその恩恵を受けてるからにはその煩雑な面もやっぱ引き受けなきゃダメだよな、
とは分かってるんです。
(きっとソクラテス大先生もそう仰るはず)
でもついめんどくさくてきちんとその時々の政局を読んでどうすべきか考える苦労を怠ってしまうのですが
(そしてそれが常に後ろめたい)
スンマセンでした!高村先生!
と土下座したくなりました。
高村薫は投票に行かない層の行かない理由には「あまり現状に不満がない」というものも
あるのではないか、と書いてて、その辺りも妙に納得してしまいました。
確かに、もともと投票には行ってましたが、意識的に自分から行こうという意思で行き出したのって、
なけなしの給料からガッツリ税金が引かれてる事にいい加減腹が立ってからだもんな…。
(しかも、その税金の無駄遣いたるや!やめてくれ!!!!)

後、普段汚職報道が激しかったり政治が腐ってたりして一般国民が金毟り取られて格差が広がるのも、
実際すぐには好転しそうもないしどうしようもないのかなあと半ば諦めてたんですが、
あらためて『そうではない!』と目を開かされた気持ちになりました。
文句言うてもええんや!
いや、むしろ文句言わなあかんのやー!(ズガーン)

次の選挙も絶対行きますよ、ワタクシ!
(えらい当たり前の結論に行き着いたな、オイ)


アイルランド歴史紀行 (ちくま学芸文庫)

高橋 哲雄 / 筑摩書房

スコア:


上記の高村本を読み終えたので
高橋哲雄著『アイルランド歴史紀行』を読み始めました。
コレは『妖精王の月』を貸した知人がお返しに貸してくれたもの。
こっちは紀行本と歴史本をいい感じにミックスした本で読みやすいですよ~。
今、歴代アングロ・アイリッシュのジョージ達(なんじゃそりゃ)について読んでるとこっス!


映画
『デトロイト・メタル・シティ』
急に見たくなって借りてみました。
まつやまケンイチ芸達者ですね~…(惚れ惚れ)。
妹と二人げらげら笑いながら見てしまいました。
クラウザーさんが里帰りして弟に農業の極意を教えるシーン
(そのつながりで舞台上で牛を手なずけるシーン)がなんかお気に入り。
後、ファン一号がいちいち「クラウザーさんが、…笑っていなさる!」
と解説するのがこれまた可笑しくって!
あの口調がクセになりそうになりました。


『マジック・アワー』
テレビでやってたのを見ました。
前半は正直どないやねんと思ってましたが、後半は加速度的に面白かった。
なんとなく、テンポ悪いなあと思わんでもなかったけど、
オチ部分の西田としゆきの「なんかそういうことになっちゃって、ごめんね」
で帳消しです。あれ、カワユかったなあ。
[PR]
by mi-narai | 2009-10-08 09:20 | 2009年10月の読書

雑記

コーエーCANADAから『TROY無双』発売……て



マジでか!!?



そうか、無双の面白さに、きっとカナダ人も「西欧の伝統の中の無双をやりてえ!」と思ったのですね。
分かります。ええ、気持ちは分かりますよ。
無双と言えば三国志だもの、それに張るためには西洋の古典たるイーリアスを持ってくるしかないですよね!

しかし、PS3かX-BOXでの発売て、

PS3買ってまうやないか~~!!!

(まあ、ICOの3(TRICO)が出たらハードを買うつもりだったので、いいんだけども。
…余計なことに金使ってますよね、自覚はあるんですよ………ええんじゃい!
これが社会人の醍醐味じゃい!)

日本ではまあ売れなさそうですが、とあるすじからのほんとかどうか分からない情報によると
某イタケ人、意外とカッコいいそうだし(CANADA人が作ったならそうかもしれんな。
もしほんとに変に筋肉バカでももやしでもない納得できる仕上がりなら、
わたしはトルコの次にカナダが好きになりますよ…)
[PR]
by mi-narai | 2009-10-06 21:42 | その他

雑記

今回のG7の開催地はイスタンブルらしいですね!
もう、首都の名前だけでときめける自分がキモい通り越して寒い…。

五輪開催地がリオデジャネイロに決まったそうで。
もともと、南米ではまだ開催されてないという事実を知り、
「もう、リオデジャネイロでいいんじゃないの?それか、前回立候補して落ちたマドリッドか」
と思ってたので、リオに決まったのがなんとなく嬉しいです。
ブラジル人も喜んでるし。

しかし、前回大阪が立候補したときはスルーだったくせに
(いやまあ、その時も「何をいっとるんだ、やめとけ?」と思ったけどさ)
首都だけこんなに国を挙げて、招致活動優遇されててなんか釈然としないものを感じるんですが!



早いものでもう中秋の名月を楽しむ季節なのですね。
今日はいい月だった…。

ルナティックって言葉は実感できそうに無いなあ(どっちかと言うと、月って静かで見てて落ち着かんか?)とか、
そのうち月に基地などできて、SFが現実になったりするのかしら、楽しみねえ。
などと思いました。
[PR]
by mi-narai | 2009-10-03 20:58 | その他