<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『重力ピエロ』 『狼の民俗学』 『都市国家アテネ』 『魔法昔話の研究』他

映画『重力ピエロ』井坂幸太郎好きの友人が見たそうにしてたので行ってきました。
もともと自分で期待して見に行った映画ではなかったので期待はずれということもなかったけど
思ってたより気に入った、ということもなく、なんというか、想定内でした。
(もともと、ものすごく娯楽目的で映画を見てるところがあるので
わざわざ日常と近い映画を見たいとは思わないのですよ。
食わず嫌いは良くないとは思うのですが。
かといって、展開がご都合主義的すぎても興ざめなので、どのあたりを見るかのチョイスはなかなか難しい…)
途中で出てくるわたべあつろうの役がものすごいむかつくんですが、
最後の結末を考えると、あの役は誰が見てもむかつくように
もっていかないと展開に納得できないので、まあ仕方ない。
後、オートピペットとか、あれ恒温震とう槽じゃねえの?と思うような機械とか出てきてニマニマしちゃった。
文系のわたしには、あれらをどうやって使うのかまでは分からないのですが、
遺伝子の話だし理系の人にはニヤッとするアレコレが詰まってるのかも。
(誘ってくれた友達も、自分が大学の時やってた分野と近いから興味を持った、とか言ってたし)

も一つ、子役がものすごい成長後の役者と似てて、上手い子役見つけてきたなと感心しました。

なんというか、本筋と関係ないところばかり見てるなあ…


重力ピエロ (新潮文庫)

伊坂 幸太郎 / 新潮社

スコア:


井坂幸太郎著『重力ピエロ』読了。
見終わってから、原作の方も借りてきました。
文章は読みやすいのですが、若干会話が鼻につきます。
特に兄と弟の会話が。
(兄弟であんな持って回った言い方すんナ!)
どうもかっこつけ感知センサーが過敏反応しちゃって…
でも、貸してくれた友達が言ってたとおり親父は終始かっこよかったです。

しかしこれ、筋を知らずに読んだ方が良かったかも…。

先に映画を見ちゃったものだから
「ここはアレの伏線だな」
「普通に行くと無理が出るから、ここで理由付けして補強してやがるぜ…」
などと、いちいち作者の意図を類推しちゃって
面白いんだか面白くないんだかよく分かりませんでした…。


古代ギリシア遺跡事典

周藤 芳幸 / 東京堂出版

スコア:


周藤 芳幸 沢田 典子共著『古代ギリシア遺跡事典』読了。
(クレタ、ミュケーナイ、アテナイ部分のみ)
いや、これは最近アテナイづいてるんで、アテナイ市の概観をおさらいしたく
なっただけです。クレタ、ミュケーナイはついで。



同じように、もういちどギリシャ服のおさらいをしておこうと思って
(何回目のおさらいだ!大事なことさえ定期的に忘れ去る鳥頭です)
『服飾の世界史』を古代部分だけ読みました。
エジプト部分で、「ピラミッドは奴隷を使って建設された王の墓」なんていう
大時代的な記述があったので「ん?」と違和感を感じてよくよく見たら、
大昔に出版された本の復刻版だった…
まあ、ギリシャの服飾がここ数年の研究で大幅に見直されたって話も聞かないのでいい事にしました。

ところで、この本を著された先生、
ドレーパリー至上主義者です!ギリシャのキトーン、ヒマティオンを大絶賛ですよ!
(ローマのトーガは巻き方が規定されちゃっててお気に召さないらしい)

ここにも襞マニアが!!!


狼の民俗学―人獣交渉史の研究

菱川 晶子 / 東京大学出版会

スコア:


菱川 晶子著『狼の民俗学』読了。
図書館の新刊コーナーに並んでたので
「コーナーから下ろされて一般書架に配架されちゃったらどこにいったか分かんなくなる!!今借りねば!」
という、わけのわからん危機感に突き動かされて借りてみました。
日本に伝わる様々な狼像から、人と狼との関わりなどを読み解こうとした意欲作。
大陸の虎が日本に入って身近な狼にすりかわった、
狼は山の神の使い、もしくは神そのもの、という見解や、
時代が下るにつれ、変化する伝承の中での狼の位置付けなどが面白かった。


都市国家アテネ―ペリクレスと繁栄の時代 (「知の再発見」双書)

ピエール ブリュレ / 創元社

スコア:


ピエール・ブリュレ著『都市国家アテネ―ペリクレスと繁栄の時代』読了。
テミストクレス熱が冷めないうちに、もういっちょアテナイもの。
歴史関連の本は楽しいなあ♪
この作者のペリクレスへの入れ込みようも相まって読むのが快感でした。
しかし、この知の再発見シリーズ、さらっと読めすぎちゃうのが玉に瑕。。
もうちょっとペリクレスの男前さを堪能したいのに、と後ろ髪引かれつつ
あっさり読み終わってしまいました。


古代ローマ軍団大百科

エイドリアン ゴールズワーシー / 東洋書林

スコア:


エイドリアン・ゴールズワーシー著『古代ローマ軍団大百科』読みかけ。
これは、いつの日かサトクリフの『辺境のオオカミ』紹介ページを作るぞ、という
野望の元、辺境の砦の構造が知りたいという理由のみで図書館から借りてきました。
もう返却期限過ぎてるっちゅうねん。
大急ぎで読みたいと思います。


魔法昔話の研究 口承文芸学とは何か (講談社学術文庫)

V. プロップ / 講談社

スコア:


ウラジミール・プロップ『魔法昔話の研究』途中まで読みました。
これは別に読まないといけない理由なんてものはなく、単なる個人的な趣味です。
 
最初の、レヴィ=ストロースの批判に対する反証部分から、飛ばしてます、プロップ先生。
この二人、ソ連時代、鉄のカーテンが厳然としてあった頃の
西側と東側の人なので、そもそもお互い言葉足らずなんですよ。
普通なら、純粋に学説の違いやら見解の相違やらで意見を戦わせるところを
お互いの論文のみをたよりに

「あなたがああいっているのは、わたしのこの言葉を誤解したからだと思う。
わたしはこういう意味で言ったのであって、概ねあなたの意見には賛同できる」

この二人はそれ以前のところでじたじたしてる…!!!

(同じ国に生まれてたら、ものすごいいいライバルとして切磋琢磨しつつ
一時代を築けたんじゃないのか…?)

後、トロイア詩圏を考える時、勿論全時代のそれぞれのエピソードの学問的価値は
同じだと思うけど、それを全く同列に取り扱うことに関しては、ホメロス大先生信者としては
ちょっと避けたいかなとつねづね思っていた見習い、
プロップさんが、個々のプロットの歴史や成立過程を無視してはいかんよ、
無視したら形式主義に陥るよ
と言っているのに都合良く共感してしまいました。
(しかし、歴史や成立過程を調べるのはまた一苦労ですヨ)

今、昔話の異常誕生の個々の事例についてプロップ先生の意見を拝聴しているところ。
再三言うように歴史好きで、来歴やら成立過程やらがやたらと気になって仕方ない
見習い、言語にしても神話にしても、もちろん昔話にしても、
これこれこういう理由で現在のこういう形になったんじゃないか、
などという推論を聞くのがとても楽しいのです。
これまた概ねニマニマしつつ読んでます。
シンデレラが炉辺で生活してんのは、魔法昔話の伝統にのっとった由緒正しい形なんじゃないか!?と大興奮。


『プラトンの描いたソクラテス』なんか、思ってたのと違った…。


『パトレイバー』
全巻読破!
最初はどうかと思っていた内海さん、メロドラマ辺りからドキドキワクワクしつつ読みました。
終盤黒ちゃんがタケオさんを撃ち殺そうとした時にソレを止めた内海さんの台詞が一番のお気に入り。
わたしも大概メロドラマ体質です☆


続きで『じゃじゃ馬グルーミンUP』少しづつ借りてます。
早く悟さんとあぶみさんがくっつかないかちら。
[PR]
by mi-narai | 2009-06-30 23:18 | 2009年6月の読書

夢の話

メモ。

ゲーム友達でBASARAを貸してくれたOさんと示し合わせて、土曜の深夜のアニメ戦国BASARAを
冷やかしで見ては、次の週
「ちょっと!!奥さん!!!独眼竜ったら腕組みして馬に乗ってましたよ!!」
「手放しで馬に乗れねば一人前の武将ではない!武士のたしなみじゃ」
などとアホメールをやり取りするのが習慣づいてるため、
当然のように今週も見たんですが、
今週のBASARAにはTADAKATSU(戦国最強のロボ)が出て来たんですよネ。
加えて、見てないけど、トランスフォーマーもテレビでやってたじゃないですか。
そのせいで、以下のような実にくだらない夢を見てしまいました。


日曜の昼下がり、家族で昼飯を食っているわたしたち。
と、その時遠くのほうでどしーん、どしーん、と重い足音が。
見てみると、何故か赤やらピンクやらやたらとファンシーな、ガラスのような光を通す素材で出来た
巨大ロボが町を壊しながら歩いてくるんですよ。
ちょうど、攻略中のゲームで、そいつの倒し方は心得てるわたしと妹、
「しゃーないなあ、いっちょさくっとやっとくか」と
昼食の手を止め、携帯用コントローラーもって、
それぞれの使用キャラクター従がえて、倒しに行くんです。
「あいつ、装甲固いから通常攻撃あたらんけど、必殺技なら削れるから」
「直接攻撃喰らわんように気をつけて」
なんと!リアル3Dアクションゲーム。
しかし、わたしの使用キャラクター、鎧が複雑で、すね当て結ぶのが時間かかるんですよ。
「お姉ちゃん、まだ~?」
「ごめーん、もうちょっと抑えといてー」
妹に数分遅れで出撃して、ファンシーロボを押しとどめ、
やっと昼飯の続きを食べようと箸を手に取ったら、いくらも食べないうちに

どしーん、どしーん…

「またー…」

なんか、そんな夢を見た…。

いい年してこんな子供みたいな夢見るなんて恥ずかしい…
(でも、見た夢はメモっとく主義なのでメモっておきます)
[PR]
by mi-narai | 2009-06-22 00:20 | その他

『歴史』(下)  『テミストクレス』

歴史 下  岩波文庫 青 405-3

ヘロドトス / 岩波書店

スコア:


ヘロドトスの『歴史』下巻読了。
相も変わらず読み終わったのが以前過ぎてウロ。
当時のメモをとりあえず羅列しておきます。

・プロテシラオスの神殿に関する記述があった。
 ちょっと前に読んだ誰かの本にも描かれてた英雄崇拝を確認。

・メディア人をアリオイ人と呼ぶ記述あり。→昔からアーリア人て呼称だったのね!

・ヘロドトス的にはギリシャの先住民=ペラスゴイ?

・フェニキアの船が一番優秀!という記述を見てときめきました。
 そうだろう、そうだろう!なんたって商業国家!面目躍如です。

・ペルシア側から遠征に参加した小アジアのギリシャ人に アルテミシアという女性がいたらしい。

・「300」ではヒドイ描かれ方してましたが、クセルクセス、割と英明です。
 「商人」と称された父親のダレイオスの方がもっとかっちょいいけどな!
(ペルシア人に慕われたのは父祖のキュロス大王ですが)

・なんじゃこの下巻のヘロドトスのアテナイ礼賛は!
 戦争の勝敗の鍵はアテナイ?つまり制海権ってことよね

・アガメムノンがスパルタ王だっていう伝承もあったんだって!こらびっくり。

・テルモピュライ部分。流石のわたしでも「スパルターッ!!」
 …と叫びたくなりました。スパルタ人、頑張った。

・やっと海戦だ!サラミスの前にアルテミシオン。
 前にも書いたけど本当ヘロドトスってアテナイ贔屓な。
 でも名を捨てて実を取るアテナイは正しい。

・のっけからテミストクレスのいい感じの策謀発動です。
 ニヤニヤが止まらん( ̄ー+ ̄)ニヤリ
→ヘロドトスはテミストクレスに一貫して冷たいけどな
この悪し様な描きっぷり、デジャブを感じますよ。ふふ…

・サラミス後、ペルシアから持ちかけられた和睦を蹴るアテナイかっこいい!
 …エトルリアもこのくらいいざというときに団結出来ていれば……
 
・と思えば、ギリシャも大概ポリス毎にバラバラでした。逆に、ローマが
さほど強くない時期に敵対したからエトルリアは団結できなかったのだな…

・289ページのパウサニアス超かっこいいよ~

・300ページのヘルメスの介入、美味しいとこさらうなぁ

・解説も面白かったです!


テミストクレス―古代ギリシア天才政治家の発想と行動 (中公叢書)

仲手川 良雄 / 中央公論新社

スコア:


そのイキオイのまま仲手川良雄著『テミストクレス』
読み始めてあっというまに読了。

面白かった!!

ヘロドトスを読んだ直後だったので、当時の出来事アレコレもまだ覚えてたし
何より、悪知恵の働く天才政治家の繰り出す見事な策の数々に
海戦での逆転勝利と来れば、わたしが燃えないはずはない!
しかも、この人、民主制初期のまだ有力家系が力をもってたアテナイで、
良くても貴族の傍系、下手すりゃ混血の、ものっそいマイナススタートから
アテナイのトップまで実力でのし上がるんです。
いいじゃないですか!

そもそもこの作者、もともと、当時の典型的なアテナイ人の理想像「マラトーノマカイ」を研究するため
アリステイデスを調べてたらしいのですが、
その過程で、アリステイデスの政敵でもあり友でもあるテミストクレスにひっかかり、
そっちの方が面白くなっちゃったらしい、
とても生き生きテミストクレスについて書いてらっしゃいます。
なので、読んでて大変共感率高かった。作者がテミストクレスを誉めすぎなのは分かってても
つい同調して読んでしまいました。
大体、歴史上戦争の天才と呼ばれてる数多の人物といえど、
そこに持っていくまでの下準備とか、根回しで失敗したりするじゃない?
テミストクレスは、戦争でも軍略の才を発揮するけど、
そういった政治における手腕がまずもって大変素晴らしい!
先の先を読んで策を練り、確実な手を打ち、土壇場では敵をも言いくるめるその頭脳と機転と胆力。
痺れました。
ただ、作中で「見えすぎる目を持つために孤独だった」と書かれていて
ちょっと気の毒にもなりました。
周囲の誰も同じ価値観を共有できないから、誤解するんだろうなあ。
それに、ものすごい頭の回る人だけど、冷たい人ってわけでもなくて、
エピソード読むとそれなりに人間臭い一面も垣間見えるんですよ。
陶片追放されてからだって、アテナイに不利になるような真似は決してしなかったしさ。
同じタイプの某イタケ人は、少なくとも奥さんという理解者がいる分だけ幸せだと思いました。

後、サラミスで勝てなければアテナイは地上から消え去っていた、という一文に
→テミストクレスの存在はアテナがそうあるべく謀ったに違いない。
と思いました。

仲手川先生、昭和4年生まれでいらっしゃるので、この本が出版された頃には
もう70歳ほどにはなっておられたんじゃないかと思うのですが、
その先生をして「とにかく調べるのも書くのも楽しかった」と言わしめるテミ公。

読むのもとにかく楽しかったです!

次回予告
映画『重力ピエロ』
『ギリシアの遺跡』(クレタ、ミュケーナイ、アテナイ部分のみ)、
『狼の民俗学』
『重力ピエロ』
『パトレイバー』
[PR]
by mi-narai | 2009-06-17 00:33

『犬と人のいる風景』 etc

本屋で『犬と人のいる風景』という中公新書を立ち読み。
だって、冒頭部分が夏目漱石の飼い犬についてだったのですもの!
ブログの方でも書いたとおり、ヘクターと名づけて可愛がっていたらしいです。
今回、やはり夏目漱石はホメロスを読んでいたらしいことが判明しました!
蔵書の中に英訳されたホメロスがあったらしいですよ。
日本語訳などなかった当時、英語で読まれたのですね。
そして、数多の英雄の中からあえてヘクトールを選ぶというチョイス。
(当時の日記かメモには、「ちょっと大げさすぎるかなこの名前」などと
いった自虐呟きが残ってるらしい)
なんか、文豪の意外な側面を垣間見れてちょっと楽しかったです。


『ジルオール インフィニットプラス』
攻略本を買い求めてみた。世界設定や数値的なアレコレはもういいのでエンディング条件の載っている(下)のみ。

……PS2版のと殆ど変わらんやんけ(ちゃぶ台返すイキオイで憤激)!!

コーエーさん、ゲームはいいのに、ほんっとこういうやり方はどうかとッ!!

余り見るとプレイ中の楽しみがなくなってしまうので、気になる辺りだけ手早くチェック。
予想通りというかなんと言うか、ツェラ公は変化なし。
ナッジにも変化なくて悲しい(しかし!ナッジのイベントを全部狙って見る人が
それほど多くないのも事実。だから半分仕方ない)
反面、人気に押されてか、レ兄さんとベル閣下のイベントは若干増えてる気がします。

…ていうか、ざっと見ただけでイベントのつけたしが分かってしまう辺り
どんだけマニアなのか…(嗚呼)


『アルゴスの戦士』
ツタ●にいったついでに中古ゲームコーナーも回ったんだけど、そこでWiiだか
PS3だかに移植された当ゲームを発見。
吹いてしまいました。
相変わらず、アルゴスの戦士ゼーンが攫われた姫を助けるために
でっかいヨーヨー・ディスカーマーを振り回してアリストテレスと戦う話らしいのですが、

……クリア特典もそのままなのでしょうか、先生。

(PS2版では、クリアすると同じ画像に違うアテレコを施されたオマケモードが楽しめたのですよね。
アルゴスのピザ屋のバイト・ゼーンが
力技で迷惑なお客様のクレーム処理にあたります。
でも、商売道具で殴っちゃダメだよ☆
実はこの後さらにオマケのオマケモードがあると噂で聞いたのですが未確認)


川原泉の『ブレーメンⅡ』1~4巻を借りて読みました。
珍しくSF。思ったよりも本格的で面白かったです。
5巻も貸して~~


『もやしもん』2~7巻を借りて読みました。
面白かったー!思わず樹先生の事細かな説明文まできっちり読んでしまいました。
(とはいえ、生物の基礎が元々あんまりないから、ほぼ忘れましたが)
タイトルだけは良く聞いてましたがこういう話だったのか。
目下、研究室の先輩方のラビュの行方が気になるところです。
(そこに何もなくても勘ぐりますよ、ワタクシ)
しかし、アレを読んでると、無性に日本酒が飲みたくなります。
めっきり消費量が減っている日本酒。
このまま日本酒が市場から消えちゃったらどうしよう!!
皆さんも、日本酒を飲んでください。
美味しいよ!


『パトレイバー』文庫版5巻まで借りて読みました。
有名なこの漫画、タイトルだけはよく耳にするものの、全く読んだことありませんでした。
ぼんやり、パトカー+レイバー→パトレイバーで、警察の話らしい、というのは知っていたのですが。
読み始めると面白い!!
(当時からみた)近未来の話なのに、細部がきっちり描かれていてものすごい現実的です。
続きも貸してくれるそうなので楽しみ♪

後、N◎VAのSSSってここから来てたのか…と今更分かりました。



宝塚の『エリザベート』観て来ました。
何年か前に、誘われて見に行ったことがあったので今回は見るつもりはなかったのですが
最近付き合いの復活したヅカ好きの友人が、

いい席が、友人の都合で余ったんだけどどうか

と持ちかけてきたのです。

面白かった…!

もともと、エリザベートがそれほど好きじゃないし(夫のフランツや息子が気の毒)
話も暗いのでそんなに進んで見ようというタイトルではないのですが、
実際に見に行くと、そんなこだわりは忘れ去って引き込まれてしまいました。

まず、あの音楽が好きです。
ヅカには珍しい殆どの台詞を歌の歌詞で補う舞台はこびも目新しくてよかった。
(もともと外国産ミュージカルだしネ)
なにより、今回のトート役の方が素晴らしかったです。
前回見に行った時は、ナニを歌ってるのか聞き取りづらくて困ったのですが
今回ものすごく聞き取りやすかったのも助かりました。
概ね満足して帰った後、他の劇団の『エリザベート』も気になってレビューなどネットで探してみたのですが、
劇団によって、随分細部が違うものなのですね。
たけだしんじトートなんかも見てみたかったな~
[PR]
by mi-narai | 2009-06-07 23:52 | 2009年6月の読書