<< テレビ、下天の華夢灯り感想 雑記 >>

『政治家の条件』 コルダ3感想

来月6月の100分●名著(あんまり伏せてない)て
ソポクレスの『オイディプス』じゃないですか!!
見ます!


政治家の条件―イギリス、EC、日本 (岩波新書)

森嶋 通夫 / 岩波書店

スコア:


森嶋通夫著『政治家の条件』
大学生の時に一度読んだ本です。政治つながりで再読することにしました。
古い本なので、ヨーロッパは、EUじゃなくてECの時代ですよ。OH…

と日記メモに書いて
から数日後に読み終わったのですが、
読み終わってから気づきました。


わたし、この本未読だった…!!


どうして一度読んだ本だと思い込んだのでしょう。
タイトルかな。大学生の時、まったく政治には興味なかったけど、こう、
悪徳商人ぽい雰囲気に浸りたいがため(まさにそれだけのため!)に
政治関連の本読みあさった時期があったんですよね。
そん時に政治家について論じてある本も確かに読んだのですよ。新書で。
でも、今思い返せばその本、グラッドストンとか、イギリスの歴代首相についてもっとページ割いてあったし、
しょっちゅう引用しちゃうクリックさんのあの文句についても書いてあった筈なんですよ。
この本は、前半はサッチャー批判で、後半は日本の政治についてだった。違う本や!!

どうりで、新鮮な気持ちで読めると思った。(もっと早く気づけ)

ということで改めまして、『政治家の条件』読みました。
先に書いたけど、だいぶ昔の本なので、以下のような時代を感じさせる記述が散見されます。
・この本が書かれたのは湾岸戦争直後らしい
・しかもサッチャーが失脚したてである
・ゴルバチョフのペレストロイカ→反対派によるクーデターが失敗(今ここ)。もうすぐソ連崩壊ですよ。
・日本は高度成長期直後辺り。総理は海部さん。バブルはまだ弾けてません。
・当時EUはまだECだった。仏大統領はミッテラン。ドイツはまだ東西に分かれている。
・日本は世界中から嫌われている、といった形容が多数。
確かに、当時は日本って「新参の成金」って立ち位置だったよな。
記述を読むにつけ、隔世の感がありますがそれはさておき。
面白かったです。
著者は経済畑の方らしいのですが、意外と確信をついてます。
いや、状況が変わったから、もうその意見は通用しないよ、て部分もあるのですが
(日本の外交姿勢についてとか)。

時間が経って初めて正しいかどうか分かる事ってあるじゃない。
当時はサッチャリズムってけっこうもてはやされてたと思うんですが、この方、
ちゃんと批判するとこはしてますよ。

政治家には理想と、現実主義のバランスをとる能力が必要、ってのをサッチャーを例に出して説明して、
(職業としての政治家が何故必要かも論じつつ)
次に日本に目を向けて、政治家の資質がどうか(当時から与党議員にはどういった施策を打ち出すかの
大きなビジョンがなく、個々人が勉強不足だったらしい)、
日本の選挙制度、統治機構の問題点などを論じてます。
おおお、『日本の統治機構』で論じられてるのと同じ問題点がここでも!
先にあの本で読んだおかげで、言いたいことがよく分かりますよ!!
この本でも官僚内閣制の不都合と、一党独裁が癒着を生み、無気力な政治家を作り出し、国を腐らせる、
っちゅう指摘がなされてます。
昔も今も、同じことが問題視されている…!!
この頃は中選挙区制だったので、よけいに自民党独裁体制が助長されてたんですが、
著者は小選挙区制推しですね。
長年イギリスの大学で経済学を教えてて、イギリス政治に慣れ親しんでいらっしゃったので、
若干イギリスびいきも入ってんじゃないかと思うんですが。
「日本の統治機構」と併せて読んで理解が深まりました。
国民は(勿論わたし含め)政治についてもっと考えないといけないとはいえ、
普段仕事とかあって、深く勉強してる暇なんてないじゃない。
そんな忙しい社会人のために、公約があるんですよ。
あれは政党の主義主張、したい政策、ビジョンを有権者に分かってもらうためのものですよ。
だから個人で公約(地元に利権を!とか、この市に保育園を!とか)言わんと、党全体で言わなあかん。
党員はそれに絶対したがわなあかん。
有権者もどうせ選挙に行っても無駄とか、入れたい人がおらんとか、
横着言いたくなる気持ちはものすごい共感するけど
やっぱり一票はどっかに投じないと、それこそ組織票とか金持ってる社会的強者に
良いように操られちゃうんじゃないかと心配です。

とりあえず、週末の選挙に向けて、候補者の言い分を見てみるか…

(この日記書いた時点では地方選挙前だったの。ちゃんと投票してきましたよ)


タイムマシンのつくりかた (草思社文庫)

ポール・デイヴィス / 草思社

スコア:


ポール・デイヴィス著『タイムマシンのつくり方』
古本屋で安く売ってたから、買ってみました。
白熱教室と同じような話題でタイムリーだな~と思って。
SF小説っぽいフィクションじゃなくて、まじめに物理的見地から、時間というものについて、
ひいては空間や宇宙やブラックホールについて、タイムマシンというキャッチ―なテーマを中心に
考えています。あんまりお固くなり過ぎず、専門的な公式とかにも踏み込まず、
大真面目に時間を遡ったりジャンプしたりする方法について論じてあります。
確かに、一昔前は『タイムマシン』って機械で過去へいくイメージだったけど、
最近のSFじゃワームホールを通って過去にってネタが増えてます。
これって一応量子力学とか物理学の学説に沿ってんのね。
面白かった!
空間の2点をつなぐとワープ航法の話へ、時間の2点をつなぐとタイムトラベルの話へ
行くわけだな、SF的には。
タイムラインがもう一度見たくなりました。
DVDあったっけな、家に。


数えずの井戸 (角川文庫)

京極 夏彦 / KADOKAWA/角川書店

スコア:


京極夏彦著『数えずの井戸』
お借りしたので読みました。
有名な、播州皿屋敷を元ネタにした京極風怪談話。
ずっと姫路城の井戸の伝説かと思ってたけど
お菊ネタってけっこう全国にあるんですね。

物語は、何人かいる登場人物の一人一人にスポットをあてて、順繰りに内面をたどっていくうちに
どんどん歯車が狂う様子があらわになってゆき、最終的には

そして、誰もいなくなった

というアガサ・クリスティーばりの怒涛の結末へ。
登場人物の誰もが、その辺に居そうで、でも少しずつずれ方が極端なんですよ。
で、その上、気持ち悪い感じに誰もが他人を誤解しているという。
これも、言われてみればその通りで、そりゃ当人が自分をこうだと考えているように
他人を見ることのできる人なんて居ないわな。
相手に対してこうだ、と分かってることなんて微々たるもので、
しかもそれさえ自分フィルターを通した歪んだ像なんでしょうし。
(いや、別に支障がないならそれでいいじゃないでしょうか。
必ずしも知り過ぎることが良いとも思わない)
結局、真相の一部は分からないままになってたりするので、
読んだ後も後味の悪い思いが尾を引くのですが、
本を読むうちに各々のずれっぷりと誤解っぷりをいやというほど味わった後故
「どうせ本人にしか分からん理由やねん、考えてもしゃーないわ」
という気分になっているという京極マジック!

貸してくれた友人は読みづらかったと言ってたけど、
めっちゃすいすい読めました、よ…!?
例によって京極さんの本は分厚いけど、下半分白紙だし、胸糞悪い内面を持つ人もいて
しかも同じ思考がぐるぐるしてたりするので(ホラーなんで、たぶん、効果)
精神的には読みづらいかもしれませんが、文章は読みやすいです。
理解しやすい平明な文章と内容って素晴らしい!


都庁―もうひとつの政府 (岩波新書)

佐々木 信夫 / 岩波書店


佐々木信夫著『都庁―もうひとつの政府』読了。
東京都の各時代の政治について。
特殊なんであんまりなんの参考にもなりませんでしたが、
とりあえず、知事って忙しいんだな、というのは分かった。
作中で、途上国ほど威信を示す為に首都に権限が集中しがちとあったけど、
日本は先進国(自称)なんだからいい加減さぁ…。


以下、コルダ3AS天音篇感想です。ネタバレ予防のため折っときます。



『金色のコルダ3 天音編』

面白かったです。

安定のコー○ーさんですね、流石老舗。
神南、至誠館、天音、星奏の4校の中では、星奏に次いで興味なかったんで
買わないでおこうと思ってたんですが、有難いことにお貸しいただき、プレイし始めたら
思いの外楽しくって、結局自分でも買いましたコーエ○に踊らされてる…
(ええ、電車の釣り広告を拝むためだけにでも横浜市民になりたいと本気で思うくらいには
ファンでしてよ!)
駆け足でプレイするのがもったいなくて、慎重にじっくり楽しんだんですが、
とうとう終わっちゃいました…寂しい。

とりあえず、忘れないうちに、全体の印象と、各攻略キャラの感想をば。

全体
・神南編が主人公の成長、至誠館編が仲間との団結、ときて、天音編ではとうとう
主人公がメンバーの潤滑油的存在に。大出世です。
大地さんが苦手だった星奏編と神南編、新君がどうでもよかった至誠館編と違い、
これ、という気に入りキャラもいない代わりに、取り立てて気に食わないのもいない天音編、
そういう意味では大変にチャレンジしやすかったです。
それにプレイしてみたら、どの子もみんな良い子なの。
冥加さんは相変わらずの純度100%の亜弓さん(C/ガラスの仮面)ぶりだし、
七海君は反応がカワイイし、
氷渡君は無印での無体っぷりにもちゃんとした理由づけがされてて齟齬がない上
ふたを開けてみれば努力家で面倒見のいいシャイなあんちくしょうだったし、
天宮さんはこれまた相変わらずの無体っぷりだし(どS オブ ザ イヤーの称号をほしいままに)
響也は恋愛うんぬんよりバイオリニストとしての覚醒に燃えたし。
今回は、最初はバラバラだった天音メンバーが少しずつまとまって、
コンクール金賞を勝ち得る頃には素晴らしい音楽を作る為に一つになっているという流れが
なかなか感動的でした。至誠館ほどのカタルシスはないにしろ、意外に良かったんだ!

キャラ感想
今回も、最後に楽しみなあたりを残し、
1周目:天宮・七海珠玉、響也逆注目
 ↓
2周目:響也珠玉、天宮・七海逆注目(日数足りなくて天宮さんのを取りこぼす)
 ↓
3周目:冥加部長珠玉、天宮逆注目リベンジ
 ↓
4周目:氷渡珠玉、冥加部長逆注目
の順でプレイしました。

攻略順に!
七海くん…冥加教信者その1。冥加さまは絶対ざます。
相変わらずの素直な反応が返ってくる年下の男の子、なのですが、
意外と大胆だったり頑固だったり天才気質だったり、妄想が激しかったりと、
無印の頃には分からなかった一面が垣間見え、大変面白かったです。
途中の、ぼくなんか、て何度も言う期間は若干ウザいですが、我慢して乗り切ってください。
料理上手でチェロの腕もあってチェロで食ってけなくても、実家を継げばいいから
就職の心配もないという、意外に将来性のある若者がネギしょってやって来ますから。
しかし、途中でほうせいさんがああ絡んでくるとは(笑


天宮君…無印本編では、人の気持ちに疎い系なのだな、と思い、
スペシャルを見て、こいつ、けっこういい性格だな、と思い、
この天音編で「だめだ、こいつ、なんとかしないと」と思うに至った
一見王子様風のピアニスト。
珠玉ルートでは、無印本編で不思議だったアレクセイに対する反逆の代償について語られ、
逆注目ルートでは、ええと、

いろいろ悶えました。

主人公子が嫌がったり本気で怒ったりするのを面白がってらっさるというか、
意外にシシュポスさんタイプというか、
うん、前々から言ってるとおり、こういうのに弱いんだって…。
いや、嫌がったりするのが面白いっていう天宮君側の気持ちもものすごく分かるんですけどね。
実際に自分が主人公子の立場になるのは絶対御免蒙りますが、
端で見る分にはこういうシチュエーションにはときめきます。

ああ、あと、「月が綺麗ですね」「あなたとなら死んでもいいわ」という小ネタ
(いずれも『I LOVE YOU』の和訳)を仕込んできたのにもときめいた。
よく知ってたな天宮。


響也…もうとにかく、こやつがバイオリニストとして大成して、とうとう冥加さんと
ガッツリ戦えるくらいになるその過程と勢いが秀逸で!
超燃えた!!
律にばっかり名バイオリニストの名を欲しいままにされてなるものか!
ダメだった子が努力で成長してかつて自分を馬鹿にした相手を見返すネタが大好きなんです。
単純ですみません。
あまりにもそれにワクワクしすぎて、シリーズ初かもしれないキスシーンとか、
せっかくの幼馴染シチュとかが、全てかすんでしまう体たらく。
いや、恋愛過程もほのぼのしてて良かったッスよ。多分。


氷渡君…無印ではチェロと言えば1年生ばっかりだったじゃない。
そのチェロっこ達が氷渡くんを「先輩」と呼ぶので、ついプレイヤーも先輩認定
しちゃってましたが、よくよく考えたら主人公子と同じ学年でした。
はい、冥加教信者その2です。冥加さまは絶対ざます。
なんといっても、冥加さまと一緒に演奏するためだけに鬼のように自分を律し練習に励み、
同じアンサンブルメンバーになったことで燃え尽きた、ここが人生のピークとか
言っちゃうほどの冥加さまフリーカーです。
(でも、一生懸命冥加さまに尽くすのに、あんまり認めてもらえないのがちょっと気の毒。)
ふたを開ければ、凡人の自分が認められるには努力しかない、という自覚のもと
本当に努力に励むことができ、その過程で得た練習法や音楽上のノウハウを惜しげもなく
後輩に教えてやる親切さもあり、なんというか、普通にいい人だった。
若干妄想は激しいですが。なんぞ女神って。天音チェロはこんなんばっかりか
ていうか、七海の妄想は氷渡譲りなのか。
それとも二人ともが冥加さまを見習ったのか(なんといっても衝撃の『俺のファムファタル』発言)。
…どっちでもいいか。
思いの外楽しかったです。


冥加さん…珠玉ルートでは、まさに亜弓さんとマヤ、
音楽を見失ってる主人公子が己の才能に目覚めるまで辛抱強く付き合って下さる生涯のライバルです。
何度も言いますが、なんと素敵な人でしょう。
たいていそっけない程度を取ってきますが、
そんなバレバレな照れ隠し、全国のプレイヤーにはお見通しですよ。
それよりも、いちいち大げさに大上段な言いかたをなさるので、
『無双』の信長様と同じで、あのしゃべりが癖になってきた。
単に楽譜渡すだけなのにわざわざ顔隠すようにして
「これを使うがいい!!」
って全力で投げ渡してくるんですもの、もう、好きすぎる。オモロ過ぎるやろ冥加さん!!!
流石に「マヤ、恐ろしい子…!」て白目にはなってくれませんでしたが、
亜弓さんの台詞と似たような言葉や状況頻出で、終始ニヤニヤしてしまいました。
しかし、この人、仕事がめっちゃ忙しそうですよ。いつ練習してるんだろう。
逆注目ルートでは、冥加さんの一方通行が激しくて、最初のあたり、プレイヤーも
「主人公子、ひでえ女だな」と思っていたのですが、
中盤でその立場をひっくり返すようなお約束的出来事が。
その流れで、主人公子に面と向かって自分の印象を口に出すよう強要する冥加さんに
画面のこっち側でプレイヤーは大変に悶えておったと告白します。
カワイイな、冥加さん!!!
後、書類に追われてバイオリンが弾けず、机に突っ伏して
「あーーーバイオリンが弾きたい」て呪いの言葉のようにつぶやくシーンにダダ萌えた。
今回の天音ルートでは冥加さんのかわゆらしさがそこかしこにちりばめられており、
おまけに信者二人も引っさげてて、ほんと、楽しかったです。

天音編終えて、天音メンバーをものすごい見直した。
コーエ○さん、ルビパさん、買ってよかった、と思わせてくれて、ありがとう!!
最初にお貸しくださった某方様も本当にありがとう!!!(今度語り合いましょう)


で、天音編を終えたわたくし、おもむろに番外編のソフト3本のプレイ特典である
函館編へ突入したのでございます。
おや。のっけに記憶喪失ですよ、主人公子。
これまでの熱血、体育会系のノリ(※これは乙女ゲーです)と打って変わって、
不思議な、ミステリーの雰囲気です。
これ、この感じ、どこかで。と思ったら、雨格子の館(推理アドベンチャー。
陸の孤島、密室で、次々と殺人事件が起こっていく、というゲーム)でした。
アレと似ている。あと、薔薇の木に薔薇の花咲く、な。
こういう秘密めいた雰囲気、大好物です。
ワクワクしつつ函館へ。天音編で一度校舎画像は見たとはいえ、古めかしくて、マジで今にも
殺人事件が起きそうな感じです。
函館編は、妖精の国に一歩足を突っ込んだ話なんですね。
こうファンタジックなふわふわした世界じゃなくて、
チェンジリングとか、妖精のせいで不幸になる民話とか、それ系のちょっと不気味なテイストの方。
民話好きのわたくし、俄然燃えました。
トーノの正体は無印のあたりから大体感づいてましたが、むしろ
ニアとソラの正体が人間だった事の方がびっくりだった。
いや、アレクセイは一度妖精の国に行ったらしいから、
ひょっとすると二人は取り替えっこかもしらんが。
(こんなとこでなんですが、アレクセイが妖精の国に再度行っちゃって、たぶんもう戻ってこない
エンディングが冥加ルートであったな。あれもちょっと後を引っ張る終わり方で好き)

では、以下、それぞれの感想。

ソラ…東金部長(のMF)を狙った時点で情状酌量の余地なし!と思ってましたが、
ルートをこなすと、それなりに同情しちゃいました。わたし、いつか騙されるな。
しかし、前半なかなか弁当食ってくれないので、ドルチェタイム集めるのに困った。

ニア…これまであんまり好きじゃなかったんですが、親友ルート終えて、
見方がガラッと変わりました。やっぱり女の子同士の友情はいいなあ!!
女の子と言えば、冴子さまが素敵過ぎて、ほんともうどうしようかと。

トーノ…他の攻略キャラだとどうしても勝ち負けとか、演奏するうえでの葛藤などが
入ってきちゃうんですが、トーノルートでは、純粋に音楽の喜びが語られることが多く、
大変に幸せなひと夏を疑似体験させていただきました。ごち。
エンディングは、何も知らずにやってたら切なくて二日ほどぼんやりしたかもしらんが、
各所でアレな感じだと聞いて、大体想像ついてたんで、心構えが出来ており、
今回はわりと冷静に受け止められました。ありがとう、諸先輩方!
ほほほ、ジルオールで鍛えたわたしに死角はなくってよ!
(トリニティなんて、オチは読めてたけど、エンディング超切ねえんだぜ)
いや、大団円好きなんで、そりゃハッピーエンドが理想だけどさ、
散々、掟を破ったことには代償が必要だ、て言うてるし、わたしもそう思うし、
あの終わり方が美しいとも思うので、あれでいいんじゃないでしょうか。
でも、更なる後日談ソフトでハッピーエンドを回収するってなら、
憚りながらお布施(=購入)させていただくわよ!
[PR]
by mi-narai | 2015-05-29 20:45 | 2015年上半期の読書
<< テレビ、下天の華夢灯り感想 雑記 >>