<< 『エピジェネティクス』 『民話... 雑記とゲームネタ >>

雑記とゲームネタ

こないだ大阪のプラネタリウムに行ってきました。
…プログラムがちょっと今一だった…
けど相変わらず椅子は気持ちよかったです!
そして、またもや大阪の都会っぷりに目眩がしました…
迷いそうになったですよほっといてくれどうせ田舎者だよ!
なんかもう行っても行っても高いビルばっかりだし、どっち向いてるのか分かんないし…
すごいなあ。


10月11日、今年もまた近所に御輿が回ってきましたよ~!
台風が来る前に巡幸できて良かったですよ。
しかし、相変わらずいったいこの御輿がどういう理由で町内を回っているのかが
さっぱり分かりません…。神社よ、もうちょっと住民を啓蒙してくれ…
(多分、西の方の住吉神社の秋祭りの一環なんだろうな)

神社と言えば、他地域では荒神さん信仰がないらしいと聞いてちょっと吃驚した。
住んでる地域の田舎さを実感しました。超ローカル。
荒神さんの神社で売ってるお札買って、台所の神棚(大体上の方にある)に備えて、
毎月1日にはお供えの米、塩、水、酒、榊を捧げて拝むんですが、
そのため地域の花屋には1日付近になると必ずお供え用榊のセットが売り出されるという周到さ。
神棚とか、毎月ごとの神事とか、ちょっと良くない?
特別な用意をしなくても、古代ローマのララリウム気分が味わえるという、ね。

後、雰囲気はぜんぜん違うけど、ハロウィン気分が味わえる、
地蔵盆。
お地蔵さんは毎月23・24がお参りの日なので、
わたしが小さい頃などはばあさんがわたしを連れて
近所のお地蔵さんにふかした芋など備えてお祈りを捧げてたもんですが
(もちろんその後ふかし芋はお下がりとしてわたしのおやつに)
詳しい日にちは知らんが1年に1度晩夏か初秋あたりに
大きな祭りの日があって、その日が地蔵盆なんですよ。
(盆って言うからには8月だったっけか?)
子供の守護神だからか、祭りの主役は子供で、
地元のお地蔵さんの設置場所に自治会の人がお菓子を用意してくれてて、
子供が行くとお菓子を配ってくれるんですよ。
小学生の頃、地蔵盆の日は、夕方に4カ所くらい回ってお菓子を集めてた記憶があります。
友達の地域は朝回ってたって。
田舎では、夏祭りならぬ地蔵盆祭りがあって、
屋台が広範囲に出て、打ち上げ花火も上がってたなぁ…。


この間、本棚の整理をしていて、奥の方から掘り出した萩尾望都の文庫本を読みふけってしまいました。
そのとき読んだのは『AーA’』『フラワー・フェスティバル』『ローマへの道』、
どれも大好きな本なんです。
思えば何だかんだいって結構読んでるなぁ。
(比較的最近の数冊と残酷な神とバルバラ以外は多分制覇してます。胸を張り)
小さい頃母方の叔母に『精霊狩り』『ウは宇宙のウ』を貸してもらって
特に『精霊』の方が好きで何度も何度も読み返した記憶があります。
その後、スター・レッドとか、百億の昼と千億の夜とか銀の三角とかも貸してもらって、
その辺から長い萩尾望都道へ踏み込んだので、…諸悪の根元は叔母でした。
(中山星香とか、竹宮恵子とか、ガラかめもしかり。)
今度はわたしが姪っ子に英才教育を施す番ね…!


以下、『コルダ3』1周目感想



『金色のコルダ3』
満を持してお借りした3をやり始めました。
とりあえず、1周終わっての感想なんですが、

ちょ、これ、面白い…!!

いや、もと吹奏楽部員のわたくし、夏、コンクール、全国大会のキーワードには弱いんですよ。
おまけに、最初から、運動部寄りの熱い展開じゃないっスか!
ちんたら恋愛にかまけてるより断然燃える…!(お前、何のために乙女ゲーやってんの)
おまけに流石コーエーさん、ちゃんとライバル校にも、勝ちたい理由があって、
そちらにも感情移入でき、なんかもう、いろいろあれやこれやにツボりました。
流石にほとんど攻略してない段階なのでめっちゃこの人が好き!
というキャラクターはまだ居ないんだけど、
逆に、こいつはダメ、というのも居なくて、たいへんにストレスフリー。
いまんところのお気に入りは、九州の女帝です。(そこかい!)

主人公の通ってるお育ちのよさそうな音楽校の他に、
近隣の実力主義専門学校みたいな音楽校、
仙台の男子校の吹奏楽部、
神戸のセレブ校、
などが出てくるんだけども、男子校吹奏楽部が大変良かったです。
このゲーム、アンサンブルコンクールでの全国優勝が目標なんですけど
(※その合間にちゃんと恋愛もこなしましょう)
大方の学校が弦楽三重奏、四重奏なのに、ここだけ金管五重奏ですよ!

金管五重奏!!!!

しかも選曲1曲目がホルスト!渋い!!
リード先生とホルストさんはわたしにとって神作曲家なので!!(第一・第二組曲はほんとに素敵な曲)
アンサンブルは全て生音が入ってんだけど、もうその音聞いただけでおばちゃんメロメロですよ。
いいよ、管楽器。金管大好きだよ~!!ちゃんとホルンとトロンボーンも入ってるし、
他の弦楽曲と違って、曲想があからさまに 管 !! なんですよ
ああもうほんまたまらん。

でさ、他の学校に比べてあからさまにものすごい普通なんだよね、この吹奏楽部。
弦楽器をやるには金がかかるけど管はそうでもないし
(日本に限っていえば、管楽器は結構お金持ちの坊ちゃん嬢ちゃんが多いけど、
管の方は学校の吹奏楽部からって人が多いイメージ)
部活内の関係も、運動部のノリで、先輩後輩がはっきりしてて、
なんかその普通っぽい感じがとてもいいと思います。


逆に、ありえへんやろこれ、というお馬鹿設定山盛りなのが神戸のセレブ校。
企業家が子弟の教育のために金出して創立したって、K南か?K南がモデルなんか?
エンタメ方向に爆走する部長に、京都の大店の若旦那風の副部長、
キャラが立ち過ぎるほど立ってる濃ゆい面々ですが、
これがまた意外と立ち居振る舞いが潔くって好感触。

another skyは至誠館と神南の2本、購入決定ですよ。
まっとけ、わしが普門館に連れてったる!(いや、そこに連れてっちゃだめだろう)

あー、しかし懐かしいなあ。
実際はアンコン(アンサンブルコンクール)は冬で、夏は吹奏楽コンクールなんだけど、
夏休みも土日返上して毎日毎日休みなく朝から晩まで楽器練習したよなあ…。
駄目金しか取れない、県大会にさえ出られない弱小部だったのに
合宿も毎年行ったよ。マジで文字通り「合宿」何で、朝から晩まで練習で

まったくなんも楽しくなかった

けどな。しんどいだけじゃい。
でも思い返すと、その辛かったりしんどかったりしたのもいい思い出なんだよなあ。
しんどかった分だけ、感動したり、嬉しかったりしたことも大きかったし。
あれだけのしんどさに耐えれた、というのも結構その後自信になったりしたので、
鍛えて下さった先輩方、どうしても入れと無理強いした父には感謝しとりますよ。

まあ、そういったノスタルジーを掻き立てられる、ということもあって、
今のところ、楽しくプレイしてます。

攻略キャラの個別感想はまた今度。
[PR]
by mi-narai | 2014-10-17 21:23 | その他
<< 『エピジェネティクス』 『民話... 雑記とゲームネタ >>