<< 『気流の鳴る音』 『ギリシア文... 雑記 >>

『ギリシア・ローマ神話物語』 『気流の鳴る音』 『ブーリン家の姉妹』

ネットで本を注文したら、『エトルリアの歴史』を頼んだのになぜか
『アインシュタインfor Biginers』がきやがりました。何故だ!



黄さんという方の編集した『ギリシア・ローマ神話物語』アウリスを出航したあたりまで読み進む。
黄さんは、悲劇の『イピゲネイア』を参考にしているのだと思うけど

アガメムノン可哀想だよ!!!

ギリシア全軍のために自分の可愛い娘を差し出さねばならないはめになった
親父の葛藤や板ばさみの苦悩などが読んでてツライ。
でもってここでのアキレウスはひたすらさわやか。
イピゲネイアは可憐で凛々しく潔癖です。

毎回、このエピソードを読むたびに「アルテミスのバカ~~~」と思うのですが
今回ふと、アルテミスの思惑など思いついてしまった。

アポロン、アレスとともに小アジア系の女神であるアルテミスは当然トロイアに肩入れする側じゃないですか。
だから、アルテミスはギリシア軍の出航を阻止しようと総大将のアガメムノンに
難癖つけたって線も考えられると思ってさ。
アガメムノンが娘を可愛がってることも知ってるから、これで出兵を断念するだろうと期待したのに、
まさかのアガメムノンの決断。
そらアルテミスもイピゲネイアが気の毒になるって。

とはいえ、"イピゲネイア"ってアルテミスの異名だとどこかで聞いたことがあって、
ホメロスではアガメムノンの娘は別の名前だったし、
なんか、裏にアルテミスがらみの別の伝承があるんだろうなあ、とも思う。知らんけど。


気流の鳴る音―交響するコミューン (ちくま学芸文庫)
真木 悠介 / / 筑摩書房
スコア選択: ★★★★



真木悠介著『気流の鳴る音 交響するコミューン』を読み始めました。
妹が「おもしろかったで」と貸してくれて、1年くらい経った本。
さすがに読んで返さねば、と一念発起してページをめくったのですが、確かに面白い!
著者いわく、彼がやりたいのは
<コミューン論を問題意識とし、文化人類学・民俗学を素材とする、比較社会学>
なんだそうで、時々哲学っぽい小難しい話など入ってきちんと理解できてるか
自分でもやや不安ですが、おおむねにやにやしながら読んでます。
ソレが正しい、と思うことについて、ほんとうに正しいのかと常に問いかける姿勢には
とても共感できます。
そういや、ソクラテス大先生にもそんなところがあったなあ…。
今、インディアンの呪術師とその弟子のやりとりなど追いつつ「世界を止める」ことについて考察中。
楽しい。


TV
『ローマ発掘緊急中継』とか言うのを見てしまった。
…なんか、目新しい情報があるかと思って見てたのにあんまり無くってがっかり…。
そして、途中ではさまれてたミニドラマの家族の名前はどうやって決めたんだろうとか
そんな些細なことばかり気になってました。


DVD
『フットボールアワー08 ドレキグラム』
新作コント集。面白かった。
演歌の花道と人魚が特に良かったです。


映画
『ブーリン家の姉妹』
先々週のレディースデーに見てきました。
さほどネタばれはしてないけど、一応下げときます。























全体の雰囲気としては大体想像していたとおりでした。『エリザベス』的な感じ。
筋立てに関しては、アン・ブーリンがヘンリーとどうこうなった経緯について
初めて知ったのでその点は興味深かったです。
ですが、もともと知ってたとはいえ、死刑のシーンは見るのが辛かった。
(見終わった後、一緒に見た友達との間で『斬首!』がブームを引き起こした)
後、もっと姉妹の確執がどろどろに描かれてるのかと思ったら、
意外とアンもメアリーもどちらにも好感が持てるように描かれてて好印象でした。
ヘンリーがイマイチだった分、ライバルであることよりも強く、姉妹である二人が結末に来てて
ちょっと救われた。

ヘンリーに対しては、ごめん、わたしのヘンリーのイメージって『イ/ブの息/子たち』のてんてん眉毛なの…。
それに比べたら(←比べる時点で終わってる)魅力的には描かれてたと思う。
でも、意味の無い愚かなことだとは分かっていながら、
ついヘクトールと比べてしまって、心の端っこの方でがっかりしてしまいました。
仕方ない、ヘクトールはほんとうに良い男ですもの。
[PR]
by mi-narai | 2008-11-26 23:51 | 2008年11月の読書
<< 『気流の鳴る音』 『ギリシア文... 雑記 >>